今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ロッキー5」

投稿日:

ソ連のリングで強敵ドラゴを倒したロッキー。しかし帰国後に脳障害が発覚し、彼はボクサー引退を決意。さらにその後、破産へと追い込まれ、トレーナーとして働くことになる。やがてロッキーは若手ボクサー、トミーの育成に乗り出し、彼を鍛え上げる。トミーは試合で勝利するが、次第に人が変わっていく。ロッキーはそんなトミーと路上で闘うことに……。シリーズ第1作を手がけ、名声を得たアビルドセンが再び監督を務めた感動作。

映画.com

 ロッキーは引退を決意する。しかし、直後に騙されてせっかく稼いだ資産を全て失ってしまう。昔の貧乏生活になってしまうが、それでもどうにかやっていこうということになる。しかし、ロッキーの知名度で金を稼ぎたい奴に常に狙われていた。

 ある時、ロッキーにマネージャーになって欲しいという青年トミーが現れる。ロッキーは最初は断ったが、あまりに熱心なので師弟関係を結んで渾身丁寧に鍛えていく。

 トミーは順調に強くなっていったが、小学生の息子のことが蔑ろになってしまって拗ねてしまって悪い友達と遊ぶようになってしまう。

 トミーは連勝で注目を浴びるようになったが、タイトルマッチがやらせてもらえない。そこに悪徳なプロモーターが近づいてきてロッキーとトミーを引き離し、タイトル戦を戦わせる。そのタイトル戦に勝つことになるが観客からはロッキーを裏切った奴というレッテルを貼られてしまう。

 それを振り払うには、自分がロッキーを倒すしかないというように思わさせて、ロッキーに戦いを挑むことになるが・・・。

 今までのシリーズと違うのは、自分の教え子と戦うこということ。しかしそれは、自分の教え方が悪かったことへの反省を込めて、教え子のこれからを考えて叩きのめすということだった。

 父と息子との関係、師匠と弟子の関係。それを今まで自分を育ててくれた人たちのことを思い出しながら、自分を見つめながら拳を振るう。

 これはこれでアリかなぁ。今までと違って爽快感とかはあまりないかもしれないが、父と息子のハートウォーミング的なものはなかなかよかった。

 やっぱりロッキーは好きだなぁ。いつも励まされる。まだまだやれる! 体は衰えても心は衰えない!そんな気持ちにさせてくれる。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「鈴木家の嘘」

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつ …

映画「空飛ぶタイヤ」

テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎が警察から聞かされたのは、走 …

映画「天空の蜂」

ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発 …

映画「人生の特等席」

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による …

映画「夏への扉」

ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。19 …