今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ロッキー5」

投稿日:

ソ連のリングで強敵ドラゴを倒したロッキー。しかし帰国後に脳障害が発覚し、彼はボクサー引退を決意。さらにその後、破産へと追い込まれ、トレーナーとして働くことになる。やがてロッキーは若手ボクサー、トミーの育成に乗り出し、彼を鍛え上げる。トミーは試合で勝利するが、次第に人が変わっていく。ロッキーはそんなトミーと路上で闘うことに……。シリーズ第1作を手がけ、名声を得たアビルドセンが再び監督を務めた感動作。

映画.com

 ロッキーは引退を決意する。しかし、直後に騙されてせっかく稼いだ資産を全て失ってしまう。昔の貧乏生活になってしまうが、それでもどうにかやっていこうということになる。しかし、ロッキーの知名度で金を稼ぎたい奴に常に狙われていた。

 ある時、ロッキーにマネージャーになって欲しいという青年トミーが現れる。ロッキーは最初は断ったが、あまりに熱心なので師弟関係を結んで渾身丁寧に鍛えていく。

 トミーは順調に強くなっていったが、小学生の息子のことが蔑ろになってしまって拗ねてしまって悪い友達と遊ぶようになってしまう。

 トミーは連勝で注目を浴びるようになったが、タイトルマッチがやらせてもらえない。そこに悪徳なプロモーターが近づいてきてロッキーとトミーを引き離し、タイトル戦を戦わせる。そのタイトル戦に勝つことになるが観客からはロッキーを裏切った奴というレッテルを貼られてしまう。

 それを振り払うには、自分がロッキーを倒すしかないというように思わさせて、ロッキーに戦いを挑むことになるが・・・。

 今までのシリーズと違うのは、自分の教え子と戦うこということ。しかしそれは、自分の教え方が悪かったことへの反省を込めて、教え子のこれからを考えて叩きのめすということだった。

 父と息子との関係、師匠と弟子の関係。それを今まで自分を育ててくれた人たちのことを思い出しながら、自分を見つめながら拳を振るう。

 これはこれでアリかなぁ。今までと違って爽快感とかはあまりないかもしれないが、父と息子のハートウォーミング的なものはなかなかよかった。

 やっぱりロッキーは好きだなぁ。いつも励まされる。まだまだやれる! 体は衰えても心は衰えない!そんな気持ちにさせてくれる。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。  第3弾の …

映画「ホリデイ」

キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックら豪華スターが競演するロマンティック・コメディ。ハリウッドで映画予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドンで新聞社に勤 …

ドラマ「珈琲いかがでしょう」

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主が淹れる珈琲は、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて淹れられ、なんだか気持ちがほんのりほぐれるような、そんな味。そのお店はあ …

映画「教誨師」

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く …