今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ロボコップ」

投稿日:

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オムニ社は人間の警官にかわるサイボーグの開発を進めていた。そんなある日、デトロイトの警察に転任してきたばかりの警察官マーフィは、凶悪犯のクラレンス一味を追ってアジトに乗り込むが、逆に惨殺されてしまう。オムニ社は早速マーフィをロボコップとして復活させ、次々と犯罪者を取り締まっていく。しかし、ふとしたきっかけでマーフィとしての過去を知ったロボコップは、自分を殺したクラレンスへ復讐を誓う。

映画.com

 

 てっきり観ていたと思っていたが、内容を覚えていないからもう一度観てみようと思ったら、まったく知らない内容だった。どうやらまだ観ていなかったようだ。

 しかも、続編がこんなにあったことも知らなかった。

 低予算で作られたらしいが、そう言われてみるとそう見えるが、言われなければそんなことを意識しなかった。もっとロボットダンスみたいな動きをするのかと思ったらそうでもなかった。

 ストーリーもそれなりにあって、それなりに2時間楽しめる映画になっていて飽きることなく最後まで見ることができた。

 それにしても、アメリカの街中はこんな悪いやつばかりなのか?と思うほど、程度の低い奴らがいっぱい。正直なところ、こんな国に生まれなくて良かったと思ったりするが、治安は良いけどギスギスして生きづらいこの国もどうかな?って思ったりする。

 やられたらやり返す。その連鎖がずっと続いている気がする。それぞれの正義を振りかざしつつ、終わりのない復讐劇。

 いかにもアメリカらしい映画だった。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    最初のシリーズは同僚役のヒロイン、ナンシー・アレンが好きだったけど、リメイク版は技術も進み、奥さんをヒロインにしてスッキリと仕上がってます。
    しいて言うなら博士役のゲイリー・オールドマン、先日観た『欲望のバージニア』で禁酒法時代のギャング役で出演をはじめ、あちこちいろいろ出てるのでついつい目が行ってしまい主役を食っちゃってるのがなんとも・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      主役の俳優さんより、ヒロインのナンシー・アレンの方がキャラが立っていましたよね。主役の俳優さんは、ロボットになって正解かも。(^_^)
      リメイク版というのもあるのですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「つみきのいえ」

 海面が上昇したことで水没しつつある街にひとり人残り、まるで塔のようにそびえ立った家で暮らしている老人がいた。彼は家が沈みかけるたびに、積み木のように上へ上へと家を建て増しすることで難をしのぎつつも穏 …

映画「教誨師」

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く …

映画「望み」

堤幸彦監督と堤真一が初タッグを組み、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。一級建築士の石川一登と校正者の妻・貴代美は、高校生の息子・規士や中学生の娘・雅とともに、スタイリッシュな …

映画「点」

俳優の山田孝之が、2017年9月メジャーデビューの新人ガールズバンド「yonige」とタッグを組んだショートフィルム。「愚行録」で長編映画デビューを果たした石川慶監督が、「yonige」のデビューアル …

ドラマ「有村架純の撮休」

1話完結タイプのWOWOWドラマ。全8話。  妄想を膨らませることができる、かなり上質のドラマ。有村架純ファンなら堪らない設定。  毎回、急にドラマの撮影が休止になり、ポッカリと空いた1日をどう過ごそ …