今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ロボコップ」

投稿日:

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オムニ社は人間の警官にかわるサイボーグの開発を進めていた。そんなある日、デトロイトの警察に転任してきたばかりの警察官マーフィは、凶悪犯のクラレンス一味を追ってアジトに乗り込むが、逆に惨殺されてしまう。オムニ社は早速マーフィをロボコップとして復活させ、次々と犯罪者を取り締まっていく。しかし、ふとしたきっかけでマーフィとしての過去を知ったロボコップは、自分を殺したクラレンスへ復讐を誓う。

映画.com

 

 てっきり観ていたと思っていたが、内容を覚えていないからもう一度観てみようと思ったら、まったく知らない内容だった。どうやらまだ観ていなかったようだ。

 しかも、続編がこんなにあったことも知らなかった。

 低予算で作られたらしいが、そう言われてみるとそう見えるが、言われなければそんなことを意識しなかった。もっとロボットダンスみたいな動きをするのかと思ったらそうでもなかった。

 ストーリーもそれなりにあって、それなりに2時間楽しめる映画になっていて飽きることなく最後まで見ることができた。

 それにしても、アメリカの街中はこんな悪いやつばかりなのか?と思うほど、程度の低い奴らがいっぱい。正直なところ、こんな国に生まれなくて良かったと思ったりするが、治安は良いけどギスギスして生きづらいこの国もどうかな?って思ったりする。

 やられたらやり返す。その連鎖がずっと続いている気がする。それぞれの正義を振りかざしつつ、終わりのない復讐劇。

 いかにもアメリカらしい映画だった。



-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    最初のシリーズは同僚役のヒロイン、ナンシー・アレンが好きだったけど、リメイク版は技術も進み、奥さんをヒロインにしてスッキリと仕上がってます。
    しいて言うなら博士役のゲイリー・オールドマン、先日観た『欲望のバージニア』で禁酒法時代のギャング役で出演をはじめ、あちこちいろいろ出てるのでついつい目が行ってしまい主役を食っちゃってるのがなんとも・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      主役の俳優さんより、ヒロインのナンシー・アレンの方がキャラが立っていましたよね。主役の俳優さんは、ロボットになって正解かも。(^_^)
      リメイク版というのもあるのですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「カメラを止めるな!」

これも今更ですが、「まだ観ていなかったの?」って言われそう。  2018年に一世風靡した作品です。  正直、とっても面白かったです。もっと早く観ればよかった。  観終わった感想は、「三谷幸喜さんの作品 …

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …

映画「好きっていいなよ。」

友人も恋人も作らずに生きてきた16歳の女子高生・橘めいは、ある日、学校一のイケメン・黒沢大和に過ってケガをさせてしまう。しかし、大和はめいを気に入り一方的に友だち宣言した上、ピンチから救うためにキスを …