今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ワンダーウォール」

投稿日:

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近衛寮。その寮は一見無秩序のようでありながら、そこに暮らす「変人」たちによる磨きぬかれた秩序が存在する場所だった。100年以上の歴史を持つこの寮に、老朽化による建て替えの議論が巻き起こる。新しく建て替えを希望する大学側と、補修しながら現在の建物を残したい寮側の意見は平行線をたどり、両者の間に壁が立ってしまう。そんな大学と寮を分ける壁の前に、1人の美しい女性が現れる。脚本は「ジョゼと虎と魚たち」やドラマ「その街のこども」「カーネーション」の渡辺あや。監督は学生時代に自主製作映画を手がけ、「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」がNHK入局後の初演出作となった前田悠希。

映画.com

京大の吉田寮の話。1時間8分のドラマの劇場版。

 学生の立場からの映画になっている。これを大学側からの視点で撮影すると・・・・ってつい考えてしまうのは、やはり自分がそちら側の思考になっているのだろうな。

 冷静に客観的に見れば、かなりの不衛生で地震が起きれば建物はもちろんのこと、積み上げてある荷物などによって押しつぶされたり、また火事が起きたりする前に、ごく一般的な鉄筋コンクリートの学生寮とは言わないが、現在と同じような雰囲気を持った建物に新築するか、大胆なリフォームが必要ではないかと思うのだが。

 他人から見たら汚くて散らかっているように見える自分の部屋にも自分なりの秩序があり、これが自分の大宇宙であるという気持ちもわかるのだが、それにはあまりにも古くて汚い感じがする。古いなら古いで手入れが行き届いて磨き上げられているのならまだしも、写真で見る限りでは廃屋に見えなくもない。

 実際の建物を見ていないのでなんとも断言は出来ないし、見学も受け入れているらしいので、一度現場を見てから批判するべきなのだろうなとは思う。

 しかし、大家の立場だったら、キレイに住んでくれているのならいいが、いつ火事になってもおかしくないような一見ゴミ屋敷みたいにも見えてしまうようなら、正直出ていって欲しいだろうなと思ってします。

 これはそう決めつけないで、一度実際のところを見てみるとガラリと印象が変わるのかもしれないが、今ひとつ共感できないんだなぁ。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「モリのいる場所」

山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷 …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「HOMESTAY(ホームステイ)」

映画「HOMESTAY(ホームステイ)」(2022年2月11日からAmazon Prime Videoで独占配信中)。 早速観てみた。 よく出来た佳作で感動さえした。  出だしは、いきなり救急処置室ら …