今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

投稿日:

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編になる。

 「序」は先日近所の映画館にて「4DX」で鑑賞した。大迫力で大興奮であった。

 今回も妻と一緒だが、映画館ではなくて自宅のリビングでいつものテレビでAmazonプライムで観た。

 「エヴァに乗るのに悩む人がいるんだー」と言う新しいキャラのマリ。

 「あんたバカ!?」と優柔不断な主人公を罵りまくるアスカ。

 それでも悩んで苦しんでいじけている主人公シンジ。

 「いじけていても人生つまらないよ!」と言うマリ。

 勇気を出してエヴァに乗ったら、心を乗っ取られたアスカを殺さなければならいことになり、そんなこと出来ないと無抵抗でいたら、ダミーシステムに替えられ自分の思いとは別のところでエヴァが動き出しアスカを殺すことになってしまう。

 再びエヴァに乗らなくなったら駄々っ子と罵られる。

 「嫌なことから逃げて何が悪いんだよー!」と叫ぶ主人公シンジ。

 「もうお前には用がない、出ていけ」と放り出される。

 その後に訪れる使徒によって再び地球の危機になる。再びエヴァに乗ることになるが・・・・・。またまた地球にとっては致命的なことになってしまう。

 

 なんなんだよ。結局、嫌なことにも勇気を出して立ち向かっていけば、悪い方へと進んでしまう。嫌なことから逃げていても引き戻される。何も希望が見出せない。

 しかしそんなことも、次の続編「Q」では、おママごとでしかないことが分かるのだ。

 観ていて心が張り裂けそうになるのも、少年シンジと自分をシンクロさせてしまうから。出口の見出せないで憤りを感じている自分とシンジを重ねてしまうから。

 「Q」を知っているので、この「破」も観ていられる。さて来年早々に公開される完結編はどうなるのか?

 もう今から待ちきれない。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イエスタデイ」

2019年の作品。  売れないシンガーソングライターのジャックは、もう長いことパブなどで歌ってきたがそろそろ限界を感じていた。学生時代からの幼なじみのエリーは彼の歌の大ファンでマネージャー兼運転手を買 …

映画「あやしい彼女」

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。  それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。  元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。  女手一つで娘を育て上 …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「いつまた、君と~何日君再来~」

 向井理さんのお祖母さんが書かれた手記を元に、向井理さんが企画して作られた映画。そして、向井理さんが自分の祖父を演じている。 81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・ …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …