今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

投稿日:

 見始めて戸惑いばかりだった。

 え?何がどうなっているの?

 前作「破」から14年後の世界。シンジが上司の制止に従わず綾波レイを助けたことで、大変なことになってしまった。

 自分は自分の良心に従って行動しただけなのに、なぜこんなことになってしまったのだろう?この世界がこんな状況になってしまったのはすべて自分のあの行動によるものなのか?

 こんな風になってしまったのも全部自分のせいだと言う「鬱」独特の思考回路。自分さえいなければ、全部自分が悪い。自分は役立たず、迷惑かけるだけの存在。自分なんて死んでしまえばいい。

 そこからの反動が起きて、再び強い行動に出る。そんな心のうちを主人公と観ている自分とでシンクロさせながら時が進んでいく。

 最初の主人公と一緒に取り残された感を味わいつつ、自分なりの希望を見い出し、そこに向かっていく様は虚しささえ感じるが、これがエヴァの真髄。

 自分でもわからない心の奥の奥は、きっとこんな感じなのかと言うヒントを示してくれる。

 清々しさなどどこにもなく、どこまでも混沌とした世界。シンプルであり、複雑でもあり、表現の難しいところをなるほどこう表現するかと思わされる。

 これで観るのは3回目だろうか?

 それでもまだよくわからないことばかりだ。そして、来年すぐに全4作の4作目が公開されると言う。

 さてどのように収束させるのだろう?楽しみで仕方がない。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マネーモンスター」

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財 …

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …

映画「運び屋」

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた …

映画「初恋」

鬼才・三池崇史監督が窪田正孝を主演に迎えて描いたオリジナルストーリーで、余命わずかのボクサーが、偶然出会った少女と運命的な恋に落ちる一夜を描いた。天涯孤独の身で類まれな才能を持つ天才ボクサーの葛城レオ …

アニメ・コミック「ヒカルの碁」

 アニメが先だったか、漫画が先だったか、もう覚えていないが、  息子と一緒にかなりハマった作品。これをきっかけに囲碁も始めてみた。入門書を買って安い碁盤も買ってまだ小学生だった息子と始めたものの、私は …