今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

投稿日:

 見始めて戸惑いばかりだった。

 え?何がどうなっているの?

 前作「破」から14年後の世界。シンジが上司の制止に従わず綾波レイを助けたことで、大変なことになってしまった。

 自分は自分の良心に従って行動しただけなのに、なぜこんなことになってしまったのだろう?この世界がこんな状況になってしまったのはすべて自分のあの行動によるものなのか?

 こんな風になってしまったのも全部自分のせいだと言う「鬱」独特の思考回路。自分さえいなければ、全部自分が悪い。自分は役立たず、迷惑かけるだけの存在。自分なんて死んでしまえばいい。

 そこからの反動が起きて、再び強い行動に出る。そんな心のうちを主人公と観ている自分とでシンクロさせながら時が進んでいく。

 最初の主人公と一緒に取り残された感を味わいつつ、自分なりの希望を見い出し、そこに向かっていく様は虚しささえ感じるが、これがエヴァの真髄。

 自分でもわからない心の奥の奥は、きっとこんな感じなのかと言うヒントを示してくれる。

 清々しさなどどこにもなく、どこまでも混沌とした世界。シンプルであり、複雑でもあり、表現の難しいところをなるほどこう表現するかと思わされる。

 これで観るのは3回目だろうか?

 それでもまだよくわからないことばかりだ。そして、来年すぐに全4作の4作目が公開されると言う。

 さてどのように収束させるのだろう?楽しみで仕方がない。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …