今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

投稿日:

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に溺れる大谷と、そんな彼が酒代を踏み倒した小料理屋で働き、放蕩を続ける夫を愛し続ける妻・佐知の姿を描く。主演は松たか子、浅野忠信。共演に広末涼子、妻夫木聡、堤真一ら豪華キャストが揃う。

映画.com

 太宰治ってこんな人だったのね。

 男から見るとダメダメな甘えん坊なんだけど、どうして多くの女性は魅力を感じるのだろう?と思う。

 男って、自分で「男とはこうあるべき」という思い込みがあり過ぎるのかもしれない。女性に関してもそうで「女はこうあるべき」というのを知らぬうちに自分で決めてしまっているのかもしれない。そんな気がした。

 自分はそうではないと、昔の人間じゃないと思っているのだが、すでに植え付けられた固定観念は早々に拭い去ることは難しいのかなと思う。太宰は女性への甘え方を知っているというか、甘えることを自然とやってのける。女性が持つであろう「母性のスイッチ」の場所を知っているかのようだ。

 妻役の松たか子は、なんとも良い味を出している。浅野忠信も文句なしの演技。

 太宰の妻は、夫が人の金を盗もうと、浮気しようと、他の女と心中して失敗しようと、それでも夫を許し守ろうとする。それは一体どこから来るものだろうか?どこにそれだけの魅力があるのだろうか?

 これは男にはわからないものなのかもしれないな。

 SLに乗って田舎に行くシーンや、戦後の居酒屋のシーンも、雰囲気がよく出ていて、その時の活気が伝わってくる。

 この「ヴィヨンの妻」という話は、太宰自身がモデルとなっているようだが、あくまでもフィクションであり実際とは違う。あくまでも、「ヴィヨンの妻」という小説の映画化なのである。

 太宰治と女性たちの心情的なものが、まだまだよくわからないだけに、小栗旬が演じる太宰治「人間失格 太宰治と3人の女たち」も見てみたくなった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」

名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した歴史ドラマ。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を、「つ …

映画「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」

太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点を交えたスクリューボールコメディとして「グッドバイ」のタイトルで戯曲化、演出した舞台を大泉洋、小池栄子主演で映画化。戦後の復 …

映画「プール」

日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にあるゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。しかし彼らと数日を …

映画「50回目のファーストキス」

アダム・サンドラー&ドリュー・バリモア主演による2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」を、山田孝之と長澤まさみ共演でリメイクしたラブコメディ。ハワイ、オアフ島でツアーガイドとして働き …

映画「ワンダーウォール」

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近 …