今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

投稿日:

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に溺れる大谷と、そんな彼が酒代を踏み倒した小料理屋で働き、放蕩を続ける夫を愛し続ける妻・佐知の姿を描く。主演は松たか子、浅野忠信。共演に広末涼子、妻夫木聡、堤真一ら豪華キャストが揃う。

映画.com

 太宰治ってこんな人だったのね。

 男から見るとダメダメな甘えん坊なんだけど、どうして多くの女性は魅力を感じるのだろう?と思う。

 男って、自分で「男とはこうあるべき」という思い込みがあり過ぎるのかもしれない。女性に関してもそうで「女はこうあるべき」というのを知らぬうちに自分で決めてしまっているのかもしれない。そんな気がした。

 自分はそうではないと、昔の人間じゃないと思っているのだが、すでに植え付けられた固定観念は早々に拭い去ることは難しいのかなと思う。太宰は女性への甘え方を知っているというか、甘えることを自然とやってのける。女性が持つであろう「母性のスイッチ」の場所を知っているかのようだ。

 妻役の松たか子は、なんとも良い味を出している。浅野忠信も文句なしの演技。

 太宰の妻は、夫が人の金を盗もうと、浮気しようと、他の女と心中して失敗しようと、それでも夫を許し守ろうとする。それは一体どこから来るものだろうか?どこにそれだけの魅力があるのだろうか?

 これは男にはわからないものなのかもしれないな。

 SLに乗って田舎に行くシーンや、戦後の居酒屋のシーンも、雰囲気がよく出ていて、その時の活気が伝わってくる。

 この「ヴィヨンの妻」という話は、太宰自身がモデルとなっているようだが、あくまでもフィクションであり実際とは違う。あくまでも、「ヴィヨンの妻」という小説の映画化なのである。

 太宰治と女性たちの心情的なものが、まだまだよくわからないだけに、小栗旬が演じる太宰治「人間失格 太宰治と3人の女たち」も見てみたくなった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「キセキ あの日のソビト」

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュ …

映画「三度目の殺人」

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解 …

アニメ映画「時をかける少女」

過去にもテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を、初めてアニメ化。ひょんなことから過去へ飛べる「タイムリープ」の力を手にした女子高生の真琴が、過去を何度もやり直していくうちに、人生のか …

映画「ひるなかの流星」

女子中高生の「初恋のバイブル」として人気のやまもり三香による少女コミックを、永野芽郁主演で実写映画化。両親の海外転勤をきっかけに、田舎暮らしから一転し、東京で暮らすこととなった高校1年生の与謝野すずめ …

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …