今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

投稿日:

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に溺れる大谷と、そんな彼が酒代を踏み倒した小料理屋で働き、放蕩を続ける夫を愛し続ける妻・佐知の姿を描く。主演は松たか子、浅野忠信。共演に広末涼子、妻夫木聡、堤真一ら豪華キャストが揃う。

映画.com

 太宰治ってこんな人だったのね。

 男から見るとダメダメな甘えん坊なんだけど、どうして多くの女性は魅力を感じるのだろう?と思う。

 男って、自分で「男とはこうあるべき」という思い込みがあり過ぎるのかもしれない。女性に関してもそうで「女はこうあるべき」というのを知らぬうちに自分で決めてしまっているのかもしれない。そんな気がした。

 自分はそうではないと、昔の人間じゃないと思っているのだが、すでに植え付けられた固定観念は早々に拭い去ることは難しいのかなと思う。太宰は女性への甘え方を知っているというか、甘えることを自然とやってのける。女性が持つであろう「母性のスイッチ」の場所を知っているかのようだ。

 妻役の松たか子は、なんとも良い味を出している。浅野忠信も文句なしの演技。

 太宰の妻は、夫が人の金を盗もうと、浮気しようと、他の女と心中して失敗しようと、それでも夫を許し守ろうとする。それは一体どこから来るものだろうか?どこにそれだけの魅力があるのだろうか?

 これは男にはわからないものなのかもしれないな。

 SLに乗って田舎に行くシーンや、戦後の居酒屋のシーンも、雰囲気がよく出ていて、その時の活気が伝わってくる。

 この「ヴィヨンの妻」という話は、太宰自身がモデルとなっているようだが、あくまでもフィクションであり実際とは違う。あくまでも、「ヴィヨンの妻」という小説の映画化なのである。

 太宰治と女性たちの心情的なものが、まだまだよくわからないだけに、小栗旬が演じる太宰治「人間失格 太宰治と3人の女たち」も見てみたくなった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ジェネラルルージュの凱旋」

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの …

映画「運命の女 UNFAITHFUL」

 会社を経営する夫エドワードと9歳の息子と平穏な日々を過ごしていた専業主婦のコニー。が、ある日、ブックディーラーのフランス青年ポールと出会い、情事を重ねるようになる。やがて彼女の夫もそれを知るが。監督 …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

繰り返し観てしまう映画

「繰り返し観てしまう映画」  みんなどんな映画を選ぶのだろう?と、ググってみると、意外と自分の選んだ映画は思ったほど多くなかった。  確かにそれらの映画は名作が揃っていて、「なるほど、そうなのねぇ」と …

映画「コンティジョン」

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウイルスが …