今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「三度目の殺人」

投稿日:

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。第41回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本、助演男優、助演女優、編集の6部門で最優秀賞を受賞した。

映画.com

 役所広司の目力に圧倒される。

 福山雅治もとてもいいのだが、それを吹き飛ばすほどの存在感がすごい。

 是枝監督はこの話の脚本を書いて、映画も自分で撮ってしまう。よくまぁこんな複雑な話を作ってしまうなと感心するばかり。広瀬すずちゃんも好演していて、先日視聴した「一度死んでみた!」がかなり弾けていたので、そのギャップが半端ない。朝ドラ「なつぞら」もそうだが、どの映画もガラリと雰囲気が違ってお見事としか言いようがない。

 話の方は、警察での取調べにおいて、犯人である役所広司の自白の内容がコロコロと変わって振り回される弁護側。その真意はどこにあるのか、真犯人は誰なのか?動機はなんなのか? 殺された人物にも悪い部分がたくさん出てきて、その奥さんまで疑われて、その娘までが巻き込まれていく。

 裁判が始まってからも相変わらず振り回されてそのまま判決を迎えてしまう。

 「そうだったのか!」というのを楽しむ映画ではなく、「これはどう取ればいいのだろうか?」と観終わった後もしばらく腕を組み考え込んでしまうような映画。そんな難しい映画であるが、もう一度観てみたいような中毒性もあるような気がする。広瀬すずに母親役の斉藤由貴も見事な演技で目が離せなかった。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …

「株価暴落」「7つの会議」「ノーサイド・ゲーム」

どれも池井戸潤氏の原作。 ドラマ「株価暴落」  久しぶりの織田裕二さん。そして、石黒賢さんとのコンビ。織田さんのへの字の口と強い目力はなかなか他にはない。そして、近頃悪役が板についてきた高嶋政伸さんの …

映画「ホテル・ムンバイ」

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …