今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「三度目の殺人」

投稿日:

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。第41回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本、助演男優、助演女優、編集の6部門で最優秀賞を受賞した。

映画.com

 役所広司の目力に圧倒される。

 福山雅治もとてもいいのだが、それを吹き飛ばすほどの存在感がすごい。

 是枝監督はこの話の脚本を書いて、映画も自分で撮ってしまう。よくまぁこんな複雑な話を作ってしまうなと感心するばかり。広瀬すずちゃんも好演していて、先日視聴した「一度死んでみた!」がかなり弾けていたので、そのギャップが半端ない。朝ドラ「なつぞら」もそうだが、どの映画もガラリと雰囲気が違ってお見事としか言いようがない。

 話の方は、警察での取調べにおいて、犯人である役所広司の自白の内容がコロコロと変わって振り回される弁護側。その真意はどこにあるのか、真犯人は誰なのか?動機はなんなのか? 殺された人物にも悪い部分がたくさん出てきて、その奥さんまで疑われて、その娘までが巻き込まれていく。

 裁判が始まってからも相変わらず振り回されてそのまま判決を迎えてしまう。

 「そうだったのか!」というのを楽しむ映画ではなく、「これはどう取ればいいのだろうか?」と観終わった後もしばらく腕を組み考え込んでしまうような映画。そんな難しい映画であるが、もう一度観てみたいような中毒性もあるような気がする。広瀬すずに母親役の斉藤由貴も見事な演技で目が離せなかった。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「かそけきサンカヨウ」

 人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となっ …

映画「一度も撃ってません」

 「半世界」「エルネスト」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映画主演となる石橋蓮司が、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ …

映画「ひとよ」

女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化。タクシー会社を営む稲村 …

映画「フラッド」

 洪水に見舞われた町で、現金輸送車の大金をめぐって争う人々の姿を描いたアクション大作。監督には「アビス」「バックドラフト」などの撮影を手掛けたミカエル・ソロモンが抜擢され、ソロモンは本作が劇場映画の監 …

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …