今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「世界から猫が消えたなら」

投稿日:

映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。親友や疎遠になった父の思いに触れ、亡き母が残した手紙を手にした青年は、人生最後の日、ある決断を下す。「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和が脚本を手がけ、「ジャッジ!」の永井聡監督がメガホンをとった。人気音楽プロデューサーの小林武史が音楽を担当。

映画.com

 予告もあらすじも設定も何も下準備なしに見始めた。

 想像したよりも突拍子もない設定で、大好きな「宮崎あおい」さんまで出演していて、こんなに泣ける映画とは。

 想像以上にBGMが素晴らしいと思ったら「小林武史」さんだったし、脚本もグイグイと惹きつけてくるし、セリフもいいなって思ったら「岡田 惠和」さんだった。寡黙な父親を演じた奥田瑛二さんも素晴らしく、対照的な明るいお母さんの原田美枝子さんも魅力的。

 主演の佐藤健くんだけはわかっていた。こちらは期待通り、期待以上の主役だった。

 最初の宮崎あおいの登場の演技が素晴らしい。いかにも元彼女って振る舞い。どうしてあんな独特の雰囲気を出せるのだろう?付き合っている時と別れた後と、知り合う前と、どうしてあのように演じ分けることが出来るのだろう?素晴らしい。

 一つ一つのシーンで思い出してしまうことが多すぎて、泣けて仕方がない。歳を重ねると、映画を見て泣くことが多くなるのは、自分の人生の中でのうれしさと哀しみとを重ねてしまうからなんだなぁ。

 猫を飼いたくなってしまうけど、飼うのは大変だね。自分の命と引き換えにこの世から無くなってしまってもいいもの。ぐるりと自分の部屋を見渡しても、どれも消えては困るものばかりだ。



-映画
-, , ,

執筆者:


  1. Aki より:

    我が家には猫アレルギー(嫌いとかじゃなく体質的に)がいるので飼えないけど、そうゆう問題が無ければ飼ってもいいかと、会いに行きます!

    • KURI より:

      子供の頃、父方の実家で猫を飼っていましたよね? 穏やかな陽の当たる縁側でスッと近寄ってきて「撫でてくれていいよ」っていう素振りをするのが可愛かったなぁ。尻尾を握ると嫌がるけど、顎の下をさすると気持ちよさそうに目を細めるのがなんとも愛おしかった。いざ飼うとなると大変なんだろうけど。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「屍人荘の殺人」

デビュー作ながら「第18回本格ミステリ大賞」など3つの国内主要ミステリーランキングで1位を獲得した今村昌弘による同名ミステリー小説を神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。ミステリー小説オタクの …

映画「百円の恋」

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用で …