今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「九月の恋と出会うまで」

投稿日:

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。

 あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする。その声は強盗殺人に遭うところだった志織を助けるため、未来から届いた誰かの声だった。志織からこの不思議な出来事の相談を受けた小説家志望の隣人・平野は、志織が本来遭うはずだった強盗から助かったことにより、タイムパラドックスが生じてしまうことに気がつく。それは過去の出来事を変えたことで、1年後に志織の存在が消えてしまうことを意味していた。 

映画.COM

 高橋一生くんは好きな俳優さんなんだけど、セックスアピールが感じられない人なのでこう言ったラブストーリーにはどうかな?って思う。そういう純朴そうで生真面目なところに惚れちゃうって設定だから、これでいいのか?

 タイムトラベルによって生じてしまうタイムパラドックスによって1年後に川口春奈ちゃんが消滅してしまうってことだが、どうもその辺りの説明が不足しているので、そっちのタイムトラベルに関する話はどうでもよくなってしまっている。

 川口春奈ちゃんだけ見ていられればいいやって、それだけでほぼ105分引っ張れる映画。

 高橋一生くんの演技はいつもながら秀逸だし、川口春奈ちゃんも圧倒的に可愛いので、ストーリーはどうでもいいと言っては失礼だが、最後まで楽しく観られた。

 好きな女優さんの中村優子さんも出演していたが、その役の必要性があまり感じられなかったのが残念。チェロが上手だった在日ファンクのハマケンこと浜野謙太さんも、もっと出番が多ければと思った。

 

  •  二人で夕日を見る
  •  江ノ島の見える砂浜で抱き合ってキス
  •  坂道を二人で下る
  •  一度別れてまた再開

「男はいつも奇跡を起こしたいと思っている。好きな人のために。」


「物語は、その恋を見つけた日からはじまる。」

 この二つの名言。

 いただきました!

 

 



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「野火」

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追 …

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「マージン・コール」

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエ …

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …