今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「九月の恋と出会うまで」

投稿日:

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。

 あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする。その声は強盗殺人に遭うところだった志織を助けるため、未来から届いた誰かの声だった。志織からこの不思議な出来事の相談を受けた小説家志望の隣人・平野は、志織が本来遭うはずだった強盗から助かったことにより、タイムパラドックスが生じてしまうことに気がつく。それは過去の出来事を変えたことで、1年後に志織の存在が消えてしまうことを意味していた。 

映画.COM

 高橋一生くんは好きな俳優さんなんだけど、セックスアピールが感じられない人なのでこう言ったラブストーリーにはどうかな?って思う。そういう純朴そうで生真面目なところに惚れちゃうって設定だから、これでいいのか?

 タイムトラベルによって生じてしまうタイムパラドックスによって1年後に川口春奈ちゃんが消滅してしまうってことだが、どうもその辺りの説明が不足しているので、そっちのタイムトラベルに関する話はどうでもよくなってしまっている。

 川口春奈ちゃんだけ見ていられればいいやって、それだけでほぼ105分引っ張れる映画。

 高橋一生くんの演技はいつもながら秀逸だし、川口春奈ちゃんも圧倒的に可愛いので、ストーリーはどうでもいいと言っては失礼だが、最後まで楽しく観られた。

 好きな女優さんの中村優子さんも出演していたが、その役の必要性があまり感じられなかったのが残念。チェロが上手だった在日ファンクのハマケンこと浜野謙太さんも、もっと出番が多ければと思った。

 

  •  二人で夕日を見る
  •  江ノ島の見える砂浜で抱き合ってキス
  •  坂道を二人で下る
  •  一度別れてまた再開

「男はいつも奇跡を起こしたいと思っている。好きな人のために。」


「物語は、その恋を見つけた日からはじまる。」

 この二つの名言。

 いただきました!

 

 



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「あやしい彼女」

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。  それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。  元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。  女手一つで娘を育て上 …

映画「いつまた、君と~何日君再来~」

 向井理さんのお祖母さんが書かれた手記を元に、向井理さんが企画して作られた映画。そして、向井理さんが自分の祖父を演じている。 81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・ …

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …