今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「人生の特等席」

投稿日:

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による視力の衰えを隠せず、その手腕に球団フロントが疑問を抱き始める。苦しい立場のガスを、長年離れて暮らしていたひとり娘のミッキーが手助けすることに。父と娘が久々に対じすることにより、秘められた過去と真実が明らかになる。「マディソン郡の橋」(1995)以来17年にわたり、イーストウッドから映画製作を学んだロバート・ローレンツがメガホンをとり、イーストウッドが自身の監督作以外で俳優に徹した主演作としては「ザ・シークレット・サービス」(93)以来19年ぶりとなった。撮影のトム・スターン、美術のジェームズ・J・ムラカミら、イーストウッド組のスタッフが集結。共演にエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイクら。

映画.com

 この映画でも頑固な父親を演じているクリント・イーストウッド。

 程度の差はあれど、共感できるところはたくさんある。そこまで口悪くないなと思いつつも、基本的なイライラは同じかもしれない。

 娘と折り合いが悪いのは、過去にいろいろあった。そこを修復したいとは思っているが、なかなかそれが難しいのもわかる。理屈じゃない。

 娘からのアプローチもとてもうれしいのだが、そんなことで娘の人生の大切な場面を台無しにさせたくないという気持ちもわかる。でもそういうことは娘となかなか折り合いをつけるのは難しく、じっくり話し合おうとしても、心とは裏腹の言葉ばかりが口から出てきてしまう。

 自分は一体何をやっているんだというジレンマ。そして容赦なく衰えていく自分の心と体。

 ここでいう人生の特等席というのはどういう意味で言っているのか、それは観た人それぞれに思うところがあると思う。

 自分がどのような経験をしてきて、この映画とどのくらい重なる部分があるのか、どれくらい共感でいるところがあるかによって、この映画の評価は変わってくるだろうと思う。

 私はこの映画が好きだ。そして、不覚にも途中でホロリとしてしまった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アイネクライネナハトムジーク」

 伊坂幸太郎原作の短編集の映画化とのこと。原作は読んでいないが、そう知って納得。  前半に幾つかの家族の話がそれぞれ進められて、その人脈が微妙に繋がっている。後半はその10年後ということだが、「あ〜、 …

映画「劇場版 きのう何食べた?」

よしながふみの人気漫画を西島秀俊と内野聖陽の主演でドラマ化して話題となった「きのう何食べた?」を、ドラマ版のキャスト&スタッフで映画化した劇場版。雇われ弁護士の筧史朗(シロさん)とその恋人で美容師の矢 …

映画「ロッキー4」

かつて、2度にわたり壮絶なヘビー級タイトルマッチを演じたロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)とアポロ・クリード(カール・ウェザーズ)は、リングの上では宿敵だったが、今では固い友情で結ばれて …

映画「ランボー 最後の戦場」

 シルベスター・スタローン主演によるメガヒットシリーズの20年ぶりとなる第4弾。同シリーズで初めてスタローン自らメガホンを取り、ミャンマーの社会情勢を盛り込みつつランボーの壮絶な戦いを描き出す。タイと …

映画「響 -HIBIKI-」

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲