今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「今日も嫌がらせ弁当」

投稿日:

上の画像がすべての内容なのだが、

それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。

 この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出演していたらしいがよく覚えていない。次に度肝を抜かれたのが「64(ロクヨン)」と「累(かさね)」だった。

 「べっぴんさん」の時は、この女優さんは演技をしているのか?大人しい女の子の役なのだが・・・。と思っていたが、とんでもなかった。お嬢さん育ちっぽい感じなのだが、演じる役柄によってまったく違う人になってしまうので、元々はどんな人なんだろうと興味が湧いてくる。これは蒼井優や大竹しのぶなどにも通じることだ。

 映画としては、1時間40分ほど飽きずに楽しく観られた。B級映画っぽい演出も悪くない。

 自分も子供たちの弁当を作ってきたこともあって、いろいろと思い出が重なってしまってついつい涙してしまう。

 もうひとり紹介しないといけないのが松井玲奈。この女優さんは元SKE48であり、乃木坂46のメンバー。そちらを卒業して女優に専念するようになる。初めてみたのが朝ドラ「まんぷく」。こちらではあまり目に止まる存在ではなかったが、前回の朝ドラ「エール」ではかなりの存在感を示した。この映画でもいい演技が観られた。

 主演の篠原涼子は、安心してみていられるので、ここでは詳しく書かないでおく。

 短い映画ではあるが、楽しい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …