今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「八日目の蝉」

投稿日:

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

映画.com

 以前から観たいと思いながらなかなか観られなかった作品。やっとAmazonプライムで観ることができた。

 井上真央と永作博美の演技の真骨頂。最初から最後まで見入ってしまった。そしてもう一人、小池栄子。この女優さんもいつもいい演技するなぁと感心する。

 男性では田中哲司。井上真央の父であり、永作博美の不倫相手だが、微妙な役どころを上手に演じている。

 この映画の中には幸せなそうな人はあまり出てこない。

 不倫する人、不倫された人、その不倫で生まれた子供、その子供を誘拐した人、その子供と幼い頃一緒に育った人。どうして世の中にはこんなに不幸な人ばかりなんだろうって思うほど。

 映画は全体的に暗い感じで、笑顔もない。

 自分はどうしてこんなにも不幸なんだろう?いつからそうなってしまったのだろう?誰のせいなのだろう?自分が悪いのか?そんな感じで最初から3分の2くらいまで進む。

 終盤になって少しずつ記憶の細い糸を辿っていき、希望を見出していく。

 その細い線を辿っていった先に小さな希望の光を見つけた時に、自分の存在を認めることができるようになっていく。そんな希望の映画のように思えた。

 永作博美と井上真央の演技に心がギュッと掴まれる。激しい感情の動きはないのだが、どうにも動けないまま映画の中に集中する。あっという間の2時間半ほどだった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン1&2」

  天才ハッカーである高校生(三浦春馬)がハッキング能力をフルに駆使しながらサードアイという秘密治安機関と協力をして、無差別大量殺人を企てるテロ集団に立ち向かうハードボイルド作品。  もう三浦春馬の魅 …

映画「一週間フレンズ」

Amazonプライムで観ようと思って「すぐ観る」をクリックしようとしたら、 「もう一度観る」って書いてあって驚いた。  見始めても「これみたっけかなぁ?」「うん、観たような気がするけど、この先どうなる …

WOWOWドラマ「希望ヶ丘の人びと」

 全5話のうち4話までAmazonプライムにて見終わったところで、まさかの期限切れ。最終回は予告編だけという収まりの悪さだが、ここまでいい感じだった。予告編を見る限りでも、予想通りの展開で終わっていそ …

映画「マージン・コール」

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエ …