今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「八日目の蝉」

投稿日:

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

映画.com

 以前から観たいと思いながらなかなか観られなかった作品。やっとAmazonプライムで観ることができた。

 井上真央と永作博美の演技の真骨頂。最初から最後まで見入ってしまった。そしてもう一人、小池栄子。この女優さんもいつもいい演技するなぁと感心する。

 男性では田中哲司。井上真央の父であり、永作博美の不倫相手だが、微妙な役どころを上手に演じている。

 この映画の中には幸せなそうな人はあまり出てこない。

 不倫する人、不倫された人、その不倫で生まれた子供、その子供を誘拐した人、その子供と幼い頃一緒に育った人。どうして世の中にはこんなに不幸な人ばかりなんだろうって思うほど。

 映画は全体的に暗い感じで、笑顔もない。

 自分はどうしてこんなにも不幸なんだろう?いつからそうなってしまったのだろう?誰のせいなのだろう?自分が悪いのか?そんな感じで最初から3分の2くらいまで進む。

 終盤になって少しずつ記憶の細い糸を辿っていき、希望を見出していく。

 その細い線を辿っていった先に小さな希望の光を見つけた時に、自分の存在を認めることができるようになっていく。そんな希望の映画のように思えた。

 永作博美と井上真央の演技に心がギュッと掴まれる。激しい感情の動きはないのだが、どうにも動けないまま映画の中に集中する。あっという間の2時間半ほどだった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「キャラクター」2回目

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わっ …

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

映画「グッモーエビアン!」

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドの …