今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「八日目の蝉」

投稿日:

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

映画.com

 以前から観たいと思いながらなかなか観られなかった作品。やっとAmazonプライムで観ることができた。

 井上真央と永作博美の演技の真骨頂。最初から最後まで見入ってしまった。そしてもう一人、小池栄子。この女優さんもいつもいい演技するなぁと感心する。

 男性では田中哲司。井上真央の父であり、永作博美の不倫相手だが、微妙な役どころを上手に演じている。

 この映画の中には幸せなそうな人はあまり出てこない。

 不倫する人、不倫された人、その不倫で生まれた子供、その子供を誘拐した人、その子供と幼い頃一緒に育った人。どうして世の中にはこんなに不幸な人ばかりなんだろうって思うほど。

 映画は全体的に暗い感じで、笑顔もない。

 自分はどうしてこんなにも不幸なんだろう?いつからそうなってしまったのだろう?誰のせいなのだろう?自分が悪いのか?そんな感じで最初から3分の2くらいまで進む。

 終盤になって少しずつ記憶の細い糸を辿っていき、希望を見出していく。

 その細い線を辿っていった先に小さな希望の光を見つけた時に、自分の存在を認めることができるようになっていく。そんな希望の映画のように思えた。

 永作博美と井上真央の演技に心がギュッと掴まれる。激しい感情の動きはないのだが、どうにも動けないまま映画の中に集中する。あっという間の2時間半ほどだった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ワンダーウォール」

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近 …

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …

「とんび」とロースカツランチ

 いい映画だったなぁ。  みんな一生懸命生きていて、地域の人たちみんなで子供を育てていて、口は悪いが心はいつも温かい、そんな人たちの姿がイキイキと描かれていた映画だった。  直木賞作家・重松清のベスト …

映画「アデライン、100年目の恋」

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、 …

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …