今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」

投稿日:2022年9月18日 更新日:

「娚(おとこ)の一生」「姉の結婚」などで知られる西炯子の人気漫画「お父さんチビがいなくなりました」を倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子のキャストで映画化。3人の子どもを育て上げ、猫のチビと穏やかに晩年を暮らしている勝と有喜子の夫婦。夫の勝との暮らしは静かで平穏ではあったが、妻の有喜子にはある不安があった。そんな思いから有喜子は娘の菜穂子に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。そんな時、猫のチビが姿を消し、チビを心の拠りどころにしていた有喜子の気持ちは追い詰められていく。倍賞が妻の有喜子、藤が夫の勝、市川が娘の菜穂子をそれぞれ演じる。監督は「毎日かあさん」「マエストロ!」の小林聖太郎。「人のセックスを笑うな」「月と雷」の本調有香が脚本を担当。

映画.com

 藤竜也が演じる昭和生まれの高齢男性は、家事も子育ても全部妻に任せて、自分では何もしない。出された料理を文句言わずに食べて、用意された服を来て仕事に出かけ、帰ってきたら服を脱いで脱ぎっぱなし。布団も敷いてもらって、風呂も沸かしてもらって、入ったら寝るだけ。

 旅行に行きたいと言っても面倒くさそうだし、変化を好まずただただ妻と二人でのんびりと暮らしたいという感じ。

 しかし、妻はと言えば、会話もなく、話しかけても返事もしてもらえず、街で出会って手を振っても無視されて、旅行に誘っても知らん顔。子供たちに「お母さんたちってお見合い結婚?恋愛結婚?」と聞かれて、「恋愛結婚だと私は思っているけど、お父さんはどう思っているやら」と。しかし、夫に聞くと「見合い結婚だ」と一言。

 そんな夫にうんざりしていた頃に、ずっと可愛がっていた高齢のネコが突然いなくなった。妻はどこにいったのだろう?と心配で仕方がない。夫は、「もう自分の寿命がきたことがわかったので死に場所を探してどこかへ出かけたんだ。放っておいてやれ」という。しかし、妻はペットリサーチというペット探しの業者に申し込んで10万円を支払う。

 そんな行き違いから、妻は娘に「離婚しようと思ってる」と告白する。

 倍賞千恵子と藤竜也の燻銀の演技に、大きな変化もないのにずっと飽きずにみていられる。娘役の市川実日子や、昔の知り合いの女性役として星由里子が出演していて、そちらの演技も見応えがあった。星由里子は元気そうに見えていたが、この映画が遺作になってしまった。最後まで気品のある美しい女優さんだった。

 終盤に藤竜也が発する一つの台詞で、この映画のすべてがひっくり返る。そして、いい映画だったなぁっとハートウォーミングになるのだが、その台詞に妻が返すように、「なんでもっと早く言ってくれなかったのよ〜」に尽きる。

 大事なことは、ちゃんと言葉に出して言わないと伝わらないもの。そんなことわざわざ言わなくてもわかるだろう!ってことはないのだ。

 でも、わざわざ改まっていうのは恥ずかしいと、その夫の気持ちもわからないわけではない。

-映画
-, , , , ,

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    >ちゃんと言葉に出して言わないと伝わらないもの
     ⇒若い頃はスルーしていましたが、最近は
      「お風呂洗ってくれたら、ありごとう!」
      「食事中、空になったコップにお水を入れてくれたら、ありがとう!」
      「新聞や手紙を取ってきてくれたら、ありがとう!」などなど・・・。
       しんちゃんパパは「サンキュ~!」です。

    食事に行って、店員さんが空になったコップに気づき、
    お水をいれてくれたら、「ありがとう!」。
       
      

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       確かにうちも若い頃よりも夫婦間での「ありがとう」「サンキュー」が増えました。「お疲れさん」「ご苦労さん」「いい感じだね」「なかなかいいよー」「お見事です」とか、意識して言うようにしています。1日中ずっと一緒なので仲良く仲良く。(^_^)

  2. アプリ より:

    時間経ってしまってから、「言ってくれればよかったのに」って主人から言われたことがありますね。言わなくても察してほしいと思うことがたまにあります。まあ、お互いさまかしら。

    猫のちびですか、ペット探しの業者ってあるのですね。昔、飼っていたハムスターの名前がちびちゃん(オス)でした、クリームチーズが好きでしたね。

    • KURI より:

      アプリさん
       「そんなことわざわざ言わなくてもわかるもんだろう」ってことはよくあるもんです。やっぱり”敢えて”言葉にした方がいいかもしれません。
      かと言って今更「愛してるよ」ってなかなか言えるもんじゃないし、せいぜい「いつもありがとう」かなぁ。
       ハムスター飼ってらしたのですか。昔、流行った時がありましたよね。私は文鳥とインコでした。ペット探しは、近所で見かけたことありませんが、どうなんでしょうね?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「この恋あたためますか」

森七菜主演!夢破れたコンビニアルバイト×業界最下位のコンビニチェーン社長が「一番売れる」スイーツの開発を通して繰り広げるオリジナル「スイーツ×ラブ」ストーリー!  もう何と言っても、森七菜ちゃんが可愛 …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …

映画「50回目のファーストキス」

アダム・サンドラー&ドリュー・バリモア主演による2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」を、山田孝之と長澤まさみ共演でリメイクしたラブコメディ。ハワイ、オアフ島でツアーガイドとして働き …

映画「鈴木家の嘘」

長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いたドラマ。鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつ …

映画「リリーのすべて」

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初め …