今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「初恋」

投稿日:

鬼才・三池崇史監督が窪田正孝を主演に迎えて描いたオリジナルストーリーで、余命わずかのボクサーが、偶然出会った少女と運命的な恋に落ちる一夜を描いた。天涯孤独の身で類まれな才能を持つ天才ボクサーの葛城レオは、試合でまさかのKO負けを喫し病院へとかつぎこまれた。医師から自分の余命がわずかであるという事実を突きつけられ、自暴自棄になりながら歌舞伎町の街を歩くレオの目に男に追われる少女モニカの姿が飛び込んでくる。ただごとではない様子からレオが反射的にパンチを食らわせた男は、ヤクザと裏で手を組む悪徳刑事・大伴だった。モニカは親の虐待から逃れるため歌舞伎町に流れ着き、ヤクザにとらわれていたという。レオは彼女を救うことを決意するが、その選択はレオがヤクザと大伴から追われる身となることを意味していた。レオ役を窪田、大伴役を大森南朋、モニカ役をオーディションで選ばれた新人の小西桜子がそれぞれ演じるほか、内野聖陽、染谷将太、ベッキー、村上淳、滝藤賢一、ベンガル、塩見三省らが顔をそろえる。

映画.com

三池崇史監督の作品ってもっとたくさん観ているかと思ったら、「妖怪大戦争(神木隆之介主演)」しか観ていなかった。

 バイオレンスな映画があまり好きじゃないからチョイスしなかったのかもしれない。

 今回も「初恋」というタイトルにそそられて観てしまったが、かなりのバイオレンスだった。

 朝ドラでは軟弱でひ弱な役が多かった窪田正孝だが、今回はむちゃ強いボクサー。切れ味も最高だし、ボクシングの試合のシーンも、それなりに見えた。まあ、私はほとんど格闘技を見ないのでリアルに見えただけかのかもしれないけど。すごいなぁって見ていた。

 相手役の可愛い女優さんは、前田敦子かと思ったら違った。オーディションで選ばれた女優さん。控えめながらも特に「ダメだこりゃ」なんてことは全然なくて、上手にこなしていたと思う。そう思うくらいだからそれなりに上手なのかもしれない。

 この映画で「おぉすごいな」って思ったのは、染谷くんとベッキー。この二人にはち切れっぷりは最高。特に染谷くんはどの映画でも魅せてくれる。さすがだ。

 脚本も面白くて、ずっと最後まで飽きることなく楽しめた。グロイシーンもそれほど目を背けるほどでもなく見られるし、格闘のシーンは見応えもあった。

 なかなか楽しい映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「夏への扉」

ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。19 …

ドラマ「この恋あたためますか」

森七菜主演!夢破れたコンビニアルバイト×業界最下位のコンビニチェーン社長が「一番売れる」スイーツの開発を通して繰り広げるオリジナル「スイーツ×ラブ」ストーリー!  もう何と言っても、森七菜ちゃんが可愛 …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「ソロモンの偽証」前編・後編

 直木賞ほか多数の文学賞を受賞するベストセラー作家の宮部みゆきが、「小説新潮」で9年間にわたり連載したミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の前編。バブル経済 …