今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「前科者」

投稿日:

 罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた同名漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)を、「あゝ、荒野」の岸善幸監督のメガホン、有村架純と森田剛の共演で映画化。保護司を始めて3年となる阿川佳代は、この仕事にやりがいを感じ、さまざまな前科者のために奔走する日々を送っていた。彼女が担当する物静かな前科者の工藤誠は順調な更生生活を送り、佳代も誠が社会人として自立する日を楽しみにしていた。そんな誠が忽然と姿を消し、ふたたび警察に追われる身となってしまう。一方その頃、連続殺人事件が発生する。捜査が進むにつれ佳代の過去や、彼女が保護司という仕事を選んだ理由が次第に明らかになっていく。佳代役を有村、誠役をこれが6年ぶりの映画出演となる森田が演じるほか、磯村勇斗、リリー・フランキー、木村多江らが顔をそろえる。主人公・佳代が新人保護司として奮闘し、成長する姿を描く連続ドラマ版「前科者 新米保護司・阿川佳代」(全6話)が2021年11月にWOWOWで放送。その後の公開となる映画版は、原作にないオリジナルストーリーで描かれる。

映画.com

 WOWOW連続ドラマ版の映画版。固定の配役はドラマ版と一緒。

 今回の前科者を演じるのは6年ぶりの映画出演となる元V6のメンバーであり、奥さんは鎌倉殿の13人でりくこと牧の方を演じる宮沢りえである森田剛。その森田剛演じるのが物静かで真面目そうな工藤誠。仮釈放でも真面目に働いており、あと2週間で保釈期間が終わればそのままその会社で正式採用してもらえるというところまで来ていた。

 そんな時に出会ってしまったのが実弟である実(若葉竜也)。それと同時に巻き起こる連続殺人事件。そして、工藤誠の失踪。

 順調に進んでいた保護観察が一気に崩れて戸惑う保護司の佳代(有村架純)。

 有村架純の気合の入った演技と、寡黙で真面目な前科者を演じる森田剛の演技がなかなか見応えがある。佳代(有村架純)と幼馴染であり彼女が保護司になるきっかけとなった人物である真司(磯村勇斗)との絡みを見ていると、朝ドラ「ひよっこ」を思い出してしまって頭が混乱してくる。

 犯罪を犯してしまった人の境遇というものは、なぜいつも最悪のタイミングでツキが回っていくのだろうかとため息しか出てこない。なぜ今そこで出会ってしまって、なぜそこでその行動に出るのか?自分の中の正義の使い方が違っていて、一番守るべきものが微妙に違っていたり、ツキを呼び込めないのもその小さな瞬間での判断の違いだけの問題であったりする。

 罪を憎んで人を憎まずともいうが、落語の「子別れ」でも「お父ちゃんを憎んじゃいけないよ。お父ちゃんが悪いんじゃない、お父ちゃんは馬鹿だっただけ。悪いのはお酒なんだ。」と母が息子に言う。

 「どうしていつもこうなっちゃうんだよ!」と言う犯罪者の叫ぶシーンはよくあるが、そう思ってしまうのも無理もないかもしれない。運のいい人にはわからないものがきっとある。

 主役の保護司も、そんな前科者に常に寄り添っていく。ついつい「どうせまたダメに決まってる」と嘆く前科者にも「あなたは人生の崖っぷちにいます。」と叫ぶ。「ここで落ちてしまったら、もう私も助けられないの」と激しく叫ぶ。

 そんな地獄に蜘蛛の糸が降りてくるような存在を見事に演じていた。

-映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イーディ、83歳 はじめての山登り」

夫や子どもに人生を捧げてきた83歳の主婦が、長年の自分の夢をかなえるべくスコットランドの山を目指す姿を描いたヒューマンドラマ。ロンドンで暮らすイーディは30年間にわたって夫の介護を続けてきたが、娘には …

ドラマ「プラチナタウン」

 「ノーサイド・ゲーム」に続いて、またまた大泉洋さん主演作品。ノーサイドゲームは、TBS系のドラマだったが、こちらはWOWOWのドラマW。  「エリート商社マンの鉄郎(大泉)が高齢化と多額の負債に悩む …

映画「かそけきサンカヨウ」

 人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となっ …

映画「東京原発」

 東京都知事が東京に原発を誘致すると提案したことから巻き起こる、パニック風刺サスペンス。監督・脚本は「黄昏流星群 同窓会星団」の山川元。撮影は同じく「黄昏流星群 同窓会星団」の北澤弘之、音楽プロデュー …

映画「エンド・オブ・キングダム」

 米大統領専属シークレットサービスとテロリストとの激しい攻防を、ジェラルド・バトラー主演で描いたアクションサスペンス「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。物語の舞台を前作の米ホワイトハウスから、イギ …