今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「劇場版シグナル長期未解決事件捜査班」

投稿日:

韓国ドラマ「シグナル」を日本でリメイクし、2018年に放送された坂口健太郎主演の連続サスペンスドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の劇場版。謎の無線機が現在と過去の2人の刑事をつなぎ未解決事件を解決していく姿を描く。2021年、高速道路でのハイヤー暴走により、政府高官が交通事故死した。三枝ら長期未解決事件捜査班は、この事故が仕組まれた事件の可能性があると疑う。一方、2009年の東京でも政務官が相次いで交通事故死していた。警察が事故として考える中、大山は一連の事故の事件性を疑っていた。23時23分、つながるはずのない無線機がふたたび鳴り出した。三枝役の坂口、大山役の北村一輝、未解決事件捜査班長・桜井役の吉瀬美智子らドラマ版のキャストに加え、伊原剛志、鹿賀丈史、杉本哲太、奈緒、田中哲司らが顔をそろえる。監督は「探偵はBARにいる」「相棒 劇場版IV」の橋本一。

映画.com

 坂口健太郎がカッコイイ。朝ドラ「おかえりモネ」や映画「余命10年」「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」で少し気の弱いが芯は強い青年役というイメージだったが、この映画ではかなりハードボイルドな役。

 そして吉瀬美智子も美しくかっこいい。ドラマ「ブラッディ・マンディ」で知ったが、そのキャラと似たような感じのキャラであるが、見惚れてしまうくらいかっこいい。

 「謎の無線機」というハンディーのトランシーバーのようなものは、ここぞという時に交信できるようになり、過去の刑事とやり取りができる。その過去と現在でリンクしながら過去を変えることで、現在も変わってくる。そんな不思議な話。

 過去を変えると現在も変わり、そこでまた不都合が起きればまた過去を変える。そんな繰り返し。今まで見たその手の映画では、「過去は変えてはいけない」というものが多かったが、ここではお構いなし。勧善懲悪のわかりやすいヒーローものっぽい感じでやや薄っぺらさを感じてしまうが、それをそこまで考えさせずに、派手なアクションとでグイグイ引っ張っていく。十分暇つぶしになる映画で楽しかった。監督のうまさなのかな?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

映画「ラストレター」

「Love Letter」の岩井俊二監督が再び製作した、行き違いの手紙を題材にした映画。今回の主役は松たか子、そして広瀬すず。  なんと言ってもやっぱり広瀬すずちゃん。そして、その妹役の森七菜ちゃん。 …