今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「劇場版シグナル長期未解決事件捜査班」

投稿日:

韓国ドラマ「シグナル」を日本でリメイクし、2018年に放送された坂口健太郎主演の連続サスペンスドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の劇場版。謎の無線機が現在と過去の2人の刑事をつなぎ未解決事件を解決していく姿を描く。2021年、高速道路でのハイヤー暴走により、政府高官が交通事故死した。三枝ら長期未解決事件捜査班は、この事故が仕組まれた事件の可能性があると疑う。一方、2009年の東京でも政務官が相次いで交通事故死していた。警察が事故として考える中、大山は一連の事故の事件性を疑っていた。23時23分、つながるはずのない無線機がふたたび鳴り出した。三枝役の坂口、大山役の北村一輝、未解決事件捜査班長・桜井役の吉瀬美智子らドラマ版のキャストに加え、伊原剛志、鹿賀丈史、杉本哲太、奈緒、田中哲司らが顔をそろえる。監督は「探偵はBARにいる」「相棒 劇場版IV」の橋本一。

映画.com

 坂口健太郎がカッコイイ。朝ドラ「おかえりモネ」や映画「余命10年」「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」で少し気の弱いが芯は強い青年役というイメージだったが、この映画ではかなりハードボイルドな役。

 そして吉瀬美智子も美しくかっこいい。ドラマ「ブラッディ・マンディ」で知ったが、そのキャラと似たような感じのキャラであるが、見惚れてしまうくらいかっこいい。

 「謎の無線機」というハンディーのトランシーバーのようなものは、ここぞという時に交信できるようになり、過去の刑事とやり取りができる。その過去と現在でリンクしながら過去を変えることで、現在も変わってくる。そんな不思議な話。

 過去を変えると現在も変わり、そこでまた不都合が起きればまた過去を変える。そんな繰り返し。今まで見たその手の映画では、「過去は変えてはいけない」というものが多かったが、ここではお構いなし。勧善懲悪のわかりやすいヒーローものっぽい感じでやや薄っぺらさを感じてしまうが、それをそこまで考えさせずに、派手なアクションとでグイグイ引っ張っていく。十分暇つぶしになる映画で楽しかった。監督のうまさなのかな?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

ドラマ・映画「深夜食堂」

 Amazonプライムで初めて観て、夢中になった作品。  こんなお店をやりたいなぁって思っていたそんなお店を描いた作品。  お店のメニューは、豚汁定食とお酒しかないけど、作れるもんなら作るよっていうス …

ドラマ「珈琲いかがでしょう」

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主が淹れる珈琲は、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて淹れられ、なんだか気持ちがほんのりほぐれるような、そんな味。そのお店はあ …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。仕事一筋だった父 …