今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「午前0時、キスしに来てよ」

投稿日:

みきもと凜の人気同名漫画を片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈の主演で実写映画化。優等生の花澤日奈々は、まじめすぎる性格で周りから一目置かれる存在だが、本当は王子様と恋に落ちるおとぎ話のような恋愛にあこがれる夢見がちな女子高生だった。ある日、日奈々の高校に国民的人気スターの綾瀬楓が映画の撮影でやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、楓の飾らない素顔とやさしさに魅せられ、楓も日奈々の裏表のない実直さに次第にひかれるようになり、芸能人と一般人の誰にも知られてはいけない秘密の恋がスタートする。思いもよらぬ障害が2人に降りかかる中、日奈々をひそかに思い続けてきた幼なじみの浜辺彰が楓に宣戦を布告してくる。片寄と橋本が主人公の2人を演じるほか、彰役を眞栄田郷敦が演じる。監督は「ひるなかの流星」「四月は君の嘘」の新城毅彦。

映画.com

 うむむ。普通の真面目な女子校と、国民的人気イケメン俳優とのシンデレラストーリーということだが、その普通の女子高生が橋本環奈ちゃんという時点で「ちょっと厳しいなぁ」という感じ。イケメン俳優さんの片寄涼太くんは特に問題なし。上手にやっていました。橋本環奈ちゃんもカワイイ。幼馴染も同級生もOKなのだが、イケメン君の元カノの女性が関西弁である理由がわからない。その関西弁が気になって仕方がない。

 この監督さんの「ひるなかの流星」「四月は君の嘘」はどちらも良かった。この映画は脚本の問題なのか、演出の問題なのか、その辺りはよくわからないのだが、途中から「ながら見」になってしまった。最後までしっかり観たけど。

 橋本環奈ちゃんが普通の真面目な高校生の髪型がウエーブかかっているのも普通なのだろうか?誘われて芸能人のマンションにひとりで行ってしまうのだろうか?16歳だぞ。父親目線では「あり得ない」と思ってしまう。

 映画なんだからそういうもんだと言われりゃそうだが、そういうところのリアリティがないと感情移入出来ないんだなぁ。まぁ感情移入するのがキモいと言われりゃそうなんだけど。

 Amazonや映画.comでの評価は星三つくらいだが、私もそれに同感。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …