今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「半世界」

投稿日:

 これほど画面から目が離せなかった映画もなかった。

 ハラハラドキドキじゃなくて、「マラソン中継を見始めたらトイレにも行けずに最後までずっと見ちゃった」に近いかもしれない。

 脚本が素晴らしいのか、役者の演技が素晴らしいのか、カメラがいいのか、情景がいいのか、それらすべてが良いのかわからないが、とにかくどうしてこれほど引きつけられるのだろう。

 あらすじを書いてしまうと、なんだかそれだけでこの映画の価値を下げてしまいそうな気がしてしまう。それほどよくある話と言ってはなんだか、自分の同級生でもありそうな話。

 そう、すべてが自分の人生と重ねてしまうところがあり、そのエピソードが全てこの2時間に抱え込まれてしまって錯覚に陥る。

 「まぁとにかく観てくれ。きっと気にいるはずだから。」

 そんな映画だ。あの役者のここがよかったとか、あのセリフをいう時の表情が素晴らしいとか、そういう細かいところ挙げるのももどかしく、

 「とにかく観てみて!」

 ぜひ近いうちにもう一度観たいと思う。

 以上。

 観たあとは、同級生に連絡を取りたくなります。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ういらぶ。」

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。 …

映画「ファーストラヴ」

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑 …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

映画「シャッターアイランド」

「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精 …