今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「半世界」

投稿日:

 これほど画面から目が離せなかった映画もなかった。

 ハラハラドキドキじゃなくて、「マラソン中継を見始めたらトイレにも行けずに最後までずっと見ちゃった」に近いかもしれない。

 脚本が素晴らしいのか、役者の演技が素晴らしいのか、カメラがいいのか、情景がいいのか、それらすべてが良いのかわからないが、とにかくどうしてこれほど引きつけられるのだろう。

 あらすじを書いてしまうと、なんだかそれだけでこの映画の価値を下げてしまいそうな気がしてしまう。それほどよくある話と言ってはなんだか、自分の同級生でもありそうな話。

 そう、すべてが自分の人生と重ねてしまうところがあり、そのエピソードが全てこの2時間に抱え込まれてしまって錯覚に陥る。

 「まぁとにかく観てくれ。きっと気にいるはずだから。」

 そんな映画だ。あの役者のここがよかったとか、あのセリフをいう時の表情が素晴らしいとか、そういう細かいところ挙げるのももどかしく、

 「とにかく観てみて!」

 ぜひ近いうちにもう一度観たいと思う。

 以上。

 観たあとは、同級生に連絡を取りたくなります。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代 …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …