今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 映画

映画「博士と彼女のセオリー」

投稿日:

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーンとの愛情を描き、ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインが第87回アカデミー賞で主演男優賞に輝いたヒューマンドラマ。ジェーンが記した自伝を原作に、ドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー賞を受賞したジェームズ・マーシュ監督をメガホンをとった。ジェーン役は「アメイジング・スパイダーマン2」のフェリシティ・ジョーンズ。物理学の天才として将来を期待される青年スティーブン・ホーキングは、ケンブリッジ大学在学中、詩を学ぶ女性ジェーンと出会い、恋に落ちる。しかし、直後にスティーブンはALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症。余命2年の宣告を受けてしまう。それでもジェーンはスティーブンと共に生きることを決め、2人は力を合わせて難病に立ち向かっていく。

映画.com

 ホーキング博士のことは、ALSで宇宙論の天才的な科学者と言うくらいしか知らなかった。著書も読んだことがない。知っていたのは、「タイムマシンで過去に戻ることは不可能に近い」と言うことと「死後の世界の否定」、そして、「決して地球外知的生命体(いわゆる宇宙人)とコンタクトをとってはいけない」と言うことくらいだろうか。

 この映画は、ALSの発病した大学生時代から話が始まる。天才すぎるホーキングと同じ大学の文学部の、のちに妻となるジェーンが出会い恋に落ちる。そしてすぐにALSが発病し、余命2年と宣告される。しかし、ジェーンは結婚を決意し二人で難病ともに生きることになる。子供を2人も授かり、育児をしながら夫の研究を支え、難病によって歩くことはもちろん、食べること、しゃべること、あらゆる機能が失われていくことに二人で頑張っていた。

 もう限界かもしれないと思い始めた頃に、ジョナサンと言うピアノ教師と出会う。彼は妻を亡くして子供もいないことから、ホーキングとジェーンを手伝うことになり、子供の世話から家のことまでまるで父親の代理のように振る舞った。そこへ3人目の子供が生まれた。周りはジョナサンとの子ではないかと疑われる。それを知ったジョナサンは、ジェーンのことが好きで、ジェーンもジョナサンが好きでああったが二人は離れていく。

 やがてホーキングを介護するために有能な看護師エレインを雇うことになりホーキングとエレインは気が合い愛し合うことになっていく。そして、あることがきっかけになり、ジェーンとは離婚することになり、ホーキングはエレインと結婚し、ジェーンはジョナサンと結ばれる。

 なかなか複雑な男女関係であるが、なんとも映画の中では切ない話であり、それぞれの気持ちを考えると泣けてくる。

 ホーキングを演じていたのは、エディ・レッドメイン。私は「リリーのすべて」がとても印象的な映画だった。私はまだ観ていないが「ファンタスティック・ビースト」の主役としての知名度が高いかもしれない。イケメンさんなのだが、ホーキング氏本物とそっくりに演じていて本当に驚く。顔の歪み、姿勢の歪み、手足の動かし方から見事なくらい。

 脚本もよくできていて、ホーキング博士の理論を追うように、ブラックホールから宇宙の始まりへ戻るように、映像も二人の現在から過去に遡る演出は見事だった。

 妻のジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズも、学生時代の初々しい恋をする頃から、育児と介護に疲れて大人の恋を知って離婚を決意するまでの女性を見事に演じていた。ジェーンがいなければホーキング博士は理論を完成させられなかっただろうし、生きることさえも難しかったろう。すべてを捧げて支えてきたジェーンとは離婚してしまうが、そこには夫婦にしかわからない愛と言うのかなんという名前のものかわからないが、他の人が勝手には想像できないものがあるのだと思う。夫婦のことは夫婦にしかわからないものがあるのだと思う。

-ひとりごと, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

よくわからないけど、なおった

 家電でも、人間関係でも、人間のカラダでも、  ちょっと不調になってたけど気づいたらなおってたということがある。  昔だったら、テレビの映りが悪い時に横から叩いたら映るようになったとか、その叩き方にも …

「人は皆」

「人は皆」と検索窓に打ち込んだら、次のような候補が出てきた。  なるほど、なるほどと思いながら見ていた。 「人は皆平等」「人は皆平等ではない」。  どれも世の中には反対の言葉がある。  「人は皆孤独で …

栓抜き

 もうすっかり栓抜きを使わなくなった。最後に使ったのはいつだろうと思うほどだ。  子供たちに言うと驚かれるが、  「昔は電車の各座席ごとに”栓抜き”と”灰皿”がついていたんだよね」  「えー〜ー!マジ …

映画「ポエトリーエンジェル」

リングの上で自作の詩を朗読し、どちらの言葉が聞き手の心に届くかを判定して勝敗を決める「詩のボクシング」を通し、成長していく人々の姿を描いた青春エンタテインメント。「合葬」「ディストラクション・ベイビー …

映画「チア男子!!」

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、や …