今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「告白」

投稿日:

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。

映画.com

 湊かなえ氏原作の映画化作品。

 可愛い我が子を殺されたこの恨みをどのように晴らすのか。

 殺人犯は少年法で守られている。それを知った上での犯行。

 この悔しさは当事者でしかわからないとは思う。

 犯人の動機は、結局のところ幼い子供と一緒であり、「寂しくて親に振り向いて欲しかった」と言うこと。これは子供でなくても、親のいる人間であれば心のどこかに持っている感情かと思うが、それが抑制できず暴走した結果なのかも知れない。動機はどうあれ、暴走した結果がこのような悲しい結末となってしまったからには、法によって裁くしかないのだが、その法では重い罰を与えてくれないのだから、自分の法で裁くしかないと言う感情は理解できる。

 最後まで正論を言う元夫。それも素晴らしいことではあるが、その正論ではどうにも娘を殺された母の憎しみは収まらない。自分なりの裁きを下すと言う、見ていてゾッとする映画であった。

 みんな誰もが寂しくて苦しく、悩んでいる。その反動でバカのように振る舞い、徒党を組み、反対派を攻撃する。いじめられる側は瞬時にいじめる側にもなり、常に火花が散っている状態。

 中学、高校時代というのは、どうしてもそうなってしまうのか? 多くの友人が中学か高校、または両方ともが暗黒の歴史という。心と体のバランスが取れない時期。

 昔もそうだったのだろうか?他の動物も同じなのであろうか?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「キネマの神様」

 マンボウ発令中ということもあって、近所のシネコンは朝8時15分から上映開始。あまりに早い。  観終わってトンカツを食べるのが楽しみなのだが、1時間以上待たないと食べられない。    今回の妻と見る映 …

映画「三度目の殺人」

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解 …

映画「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦 …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「フォルトゥナの瞳」

他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の「死」に立ち向かう姿を描いた百田尚樹の同名小説を、神木隆之介と有村架純の共演、「僕等がいた」「ぼくは明日、昨日のきみとデートす …