今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「告白」

投稿日:

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。

映画.com

 湊かなえ氏原作の映画化作品。

 可愛い我が子を殺されたこの恨みをどのように晴らすのか。

 殺人犯は少年法で守られている。それを知った上での犯行。

 この悔しさは当事者でしかわからないとは思う。

 犯人の動機は、結局のところ幼い子供と一緒であり、「寂しくて親に振り向いて欲しかった」と言うこと。これは子供でなくても、親のいる人間であれば心のどこかに持っている感情かと思うが、それが抑制できず暴走した結果なのかも知れない。動機はどうあれ、暴走した結果がこのような悲しい結末となってしまったからには、法によって裁くしかないのだが、その法では重い罰を与えてくれないのだから、自分の法で裁くしかないと言う感情は理解できる。

 最後まで正論を言う元夫。それも素晴らしいことではあるが、その正論ではどうにも娘を殺された母の憎しみは収まらない。自分なりの裁きを下すと言う、見ていてゾッとする映画であった。

 みんな誰もが寂しくて苦しく、悩んでいる。その反動でバカのように振る舞い、徒党を組み、反対派を攻撃する。いじめられる側は瞬時にいじめる側にもなり、常に火花が散っている状態。

 中学、高校時代というのは、どうしてもそうなってしまうのか? 多くの友人が中学か高校、または両方ともが暗黒の歴史という。心と体のバランスが取れない時期。

 昔もそうだったのだろうか?他の動物も同じなのであろうか?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「コンティジョン」

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウイルスが …

映画「チアダン」

 ごく普通の女子高生たちによるチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校の実話を、広瀬すず、中条あやみ、天海祐希らの出演で映画化。高校に入学した友永ひかりは、中学か …

映画「インディジョーンズ 最後の聖戦」

 スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演によるアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」のシリーズ第3作。1938年。考古学者インディは富豪ドノヴ …

映画「隠し剣 鬼の爪」

 2回目の鑑賞だが、前回は13年前の2009年。  人気時代小説作家、藤沢周平の剣豪小説「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼の爪」と、人情時代小説「雪明かり」を原作に、「たそがれ清兵衛」の山田洋次監督が映画 …