今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「大誘拐」

投稿日:

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところがこのおばあちゃんただ者ではなく、やっと山中で拉致に成功した彼らに向かって和歌山県警本部長・井狩の知るところとなれば逃げるのは難しい、と落ち着いた表情で論じ始める始末。こうして三人は刀自に用意させた家に身を隠すことになる。この家は柳川家の元女中頭だったくーちゃんことくらの家だった。そのころ、和歌山県警本部では“刀自誘拐”の連絡が届き、刀自を生涯最大の恩人と敬愛する井狩が火の玉のような勢いで捜査に乗り出して来た。連絡を聞いた刀自の子供たちも次々と柳川家に到着。騒然とした空気の中、刀自救出作戦が開始された。一方、三人は隠れ家で身代金要求の策を練っており、その額が五千万円だと知った刀自はいきなり表情を変え、「大柳川家の当主なんだから百億や!」と三人に言い放つ。それによって誘拐犯と刀自の立場は完全に逆転してしまい、事件はいつしか刀自と井狩との知力を尽くした戦いになっていた。

映画.com

 この小説は高校1年の時に読んだと思う。天藤真氏の最高傑作。1978年に発表された作品であるが、その5年後には惜しくも亡くなられている。それをこのブログを書くにあたって少し調べていて知った。

 この小説を読んでいる時は、読書ってこんなに楽しいのか!というほどワクワクした。すべての本がこんなに楽しかったらいいのにって思った。それくらい楽しくて仕方ない本だった記憶がある。だから本を読まない人には「まずこれ読んでみて!」と勧めたい一冊。今までつまらない本ばかりだったから読書から離れてしまったんだろう?それならこれを読んでご覧。絶対に面白くて、また次の本が読みたくなるから!って言いたいくらいの本だった。

 そんなワクワクするストーリーをちゃんと再現した映画になっていた。映画化されると残念なケースもあるが、これはそうでもなくて、これなら十分許せるっていう出来栄えになっている。

 おばあちゃん役の北林谷栄さんも日本一のおばあちゃん女優で完璧。実際に、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞するなど各映画賞を総なめにした。

 刑事の緒形拳もパーフェクト。犯人の若い3人組も風間トオルと西川弘志を含めて上手に演じていた。

 テンポもよく飽きさせない。見事な作品になっていた。好きな小説が、上手に映画化されることは本当に喜ばしいことで嬉しい。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

 「いい映画だったよ、観る?」  と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。  それだけに油断していた。  2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい …

映画「祈りの幕が下りる時」

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の …

映画「さよなら くちびる」

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただ …

映画「あやしい彼女」

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。  それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。  元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。  女手一つで娘を育て上 …