今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「天空の蜂」

投稿日:

ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間のドラマを描いた。95年8月8日、自衛隊用の最新大型ヘリコプター「ビッグB」が何者かにより遠隔操作されて動き出し、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止する。犯人は「天空の蜂」と名乗り、国内すべての原発を廃棄するよう要求。従わなければ爆発物が搭載された「ビックB」を原発に墜落させると宣言する。「ビッグB」を開発した設計士の湯原と、原発の設計士・三島は、事件解決のために力を尽くすが……。

映画.com

 監督は、「20世紀少年(三部作)」「TRICK」シリーズ、「人魚の眠る家」「十二人の死にたい子供たち」を撮った堤幸彦監督。「明日の記憶」や「包帯クラブ」「まぼろしの邪馬台国」も好きな作品。

 原作はベストセラー作家の東野圭吾。原発反対派と推進派のこと、その狭間の技術者たち。犯人が誰なのか?その動機はなんなのか?色々と考えさせられる映画だった。

 盗まれた巨大な新型ヘリコプターの設計者に江口洋介。原子力技術者に本木雅弘。この二人の演技に目が離せない。

 特撮もよくできていて、迫力ある空撮が見られる。犯人に奪取されたヘリに取り残された子供を自衛隊員が救出する場面では、手に汗握るシーンの連続でハラハラドキドキだった。

 原発反対派と推進派は、その当事者だけでなくその家族をも巻き込み、表情のない人たちによってそれぞれがひどい弾圧を受け、悲しい出来事が起こってしまう。その最悪な結果が起こっても多くの住民は見て見ぬふりをするしかない。

 子供の頃に、家の庭にアリが行列をなして歩いていた。それを知らずにそのうちの数匹を踏み潰してしまった。踏み潰されたアリは、瞬時に死んでしまったものと、まだ生きてもがいてのもあったが、その他のアリはそれを見て見ぬ振りで歩き続ける。

 仲間が踏み殺されているのに誰も助けに来ないのか?と思ったのだが、この映画を見てみてそれがわかったような気がした。我らも毎日のように同じ街の人たちが死んでいる。時には街中で事故を見かけて救急車で運ばれていく場面でも、まさに当事者でなければスッと通り過ぎてしまうかもしれない。あのアリと一緒なのだ。

 そんなことを思い出してしまった映画だった。

 江口洋介と本木雅弘。お二人とも好演していて、共にカッコイイ。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ映画「未来のミライ」

「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険 …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …