今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「太平洋ひとりぼっち」

投稿日:

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。

 その原作を基に、石原裕次郎さんを主役に、妹役は浅丘ルリ子、母親役が田中絹代、同僚がハナ肇、船大工に芦屋雁之助など豪華キャストで、市川崑監督が仕上げた。

 裕次郎さんが雨の闇夜に出航し、嵐の日、凪の日を乗り越え94日間かけてアメリカ・サンフランシスコまで小型ヨット単独無寄港での太平洋横断挑戦のドラマ。

 ほぼ内容は知っているとは言え、やはり時代的な感性の違いなのか、たった97分の映画であったが、やや退屈だった。

 CGや特撮の映画に見慣れてしまったせいなのかなぁ?

 今度、辛坊治郎さんが太平洋横断に再挑戦されるとのこと。こちらの方も前回の失敗も合わせてドキュメンタリー風映画にしてもらいたい気がする。

 そして、この堀江氏の原作はまた是非読んでみたいと思った。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アデライン、100年目の恋」

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、 …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「ランボー」

 公開されたのが38年前。   もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だ …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …