今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「好きだ、」

投稿日:

「ソラニン」に続いての宮崎あおいの作品。

 もう宮崎あおいちゃん大好き。

 高校時代のカップルを宮崎あおいと瑛太が演じていて、その17年後に再開した時は、永作博美と西島秀俊が演じる。

 高校時代に河原でギターを弾くヨースケ(瑛太)に寄り添うユウ(宮崎あおい)。まだ下手くそなギターで、同じイントロばかりを繰り返す。

 お互いに好きなのはわかっているのに、「好き」の一言が言い出せないユウとヨースケ。そのもどかしさを上手に表現している。そんなところに、半年前に大切な人を事故で亡くしたユウの姉(小山田サユリ)が、ヨースケと会うようになった。ヨースケと会っている時の姉は、徐々に元気を取り戻したように見えた。そんなある日のこと、ヨースケに会いに行く途中、姉は事故に遭ってしまう……。

 奇遇にも都会で巡り合う二人。事故以来眠り続けるユウの姉の存在を知る。二人ともまだ心はあの時のままだった。

 再びここであの時の気持ちに整理を付けようと、あれから弾いていなかったギターを手にユウに会いに行こうとするヨースケに、今度は・・・。

 二人を演じる4人の俳優さんがみんな上手で目が離せない。ヒトの気持ちって、その時のタイミングと状況に応じてあらぬ方向に勝手に走り出してしまうもの。

 結果的に思った通りにならない結末になり、悲しく切ないことになったり、たまたまハッピーになったり、そんな神様の悪戯ばかり。

 カメラワークが独特で面白い。

 たどたどしいギターが頭から離れないが、それも不快ではなく、最後はその完成版がちゃんとエンドロール で聞くことができるのが、ユウとヨースケの関係を表現しているようでスッキリする。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ビューティフル・マインド」

 天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳 …

映画「九月の恋と出会うまで」

 高橋一生くんと川口春奈ちゃんのちょっと切ないラブストーリー。  あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする …

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く …

映画「今日も嫌がらせ弁当」

上の画像がすべての内容なのだが、 それなのに最後の30分は泣きっぱなしだった。  この映画は何と言っても「芳根京子」。この女優さんを最初に見たのは朝ドラの「べっぴんさん」。その前にも「花子とアン」で出 …