今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「容疑者Xの献身」

投稿日:

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。監督は「県庁の星」の西谷弘。

映画.com

 またまた東野圭吾作品。

 天才的物理学者である福山雅治と、その大学時代の友人である天才数学者の堤真一。

 色々なことに絶望していた天才数学者は安いアパートに住む独身の高校数学教師だった。その隣に引っ越してきた訳あり風の美しい母と中学生の娘。ある日、隣の母子の家からただならぬ物音がしてから急に静かになった。その物音からして殺人だと判断した数学者は、その思わぬ出来事に関与することになる。

 「仮説、実証、真実」で答えを導き出す物理学者と、頭の中だけで数字で答えを導き出す数学者との考え方の違い。そして、そこに人の感情という未知なる要素が入り込むことによって数式が変わってきてしまう誤算。そんなことを考えながら話に入って行かせる方法が楽しい。

 堤真一のいつもと違う演技が楽しく、福山の常にかっこいい2枚目の演技の安定感。そこに柴咲コウの直情的な言動、松雪泰子の水商売やっていたけど根はすごく真面目な色っぽい女性という演技が絶妙で見応えがある。

 なかなかどの登場人物にも同情はできないが、そんな風に考えちゃうんだなぁって理解はできる。

 2時間、飽きずに楽しんで見ることができる娯楽作品になっている。観て損はない。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「野火」

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追 …

映画「コンティジョン」

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウイルスが …

映画「ハクソー・リッジ」

メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を …

映画「遊星からの物体X」

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を …

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …