今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「容疑者Xの献身」

投稿日:

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。監督は「県庁の星」の西谷弘。

映画.com

 またまた東野圭吾作品。

 天才的物理学者である福山雅治と、その大学時代の友人である天才数学者の堤真一。

 色々なことに絶望していた天才数学者は安いアパートに住む独身の高校数学教師だった。その隣に引っ越してきた訳あり風の美しい母と中学生の娘。ある日、隣の母子の家からただならぬ物音がしてから急に静かになった。その物音からして殺人だと判断した数学者は、その思わぬ出来事に関与することになる。

 「仮説、実証、真実」で答えを導き出す物理学者と、頭の中だけで数字で答えを導き出す数学者との考え方の違い。そして、そこに人の感情という未知なる要素が入り込むことによって数式が変わってきてしまう誤算。そんなことを考えながら話に入って行かせる方法が楽しい。

 堤真一のいつもと違う演技が楽しく、福山の常にかっこいい2枚目の演技の安定感。そこに柴咲コウの直情的な言動、松雪泰子の水商売やっていたけど根はすごく真面目な色っぽい女性という演技が絶妙で見応えがある。

 なかなかどの登場人物にも同情はできないが、そんな風に考えちゃうんだなぁって理解はできる。

 2時間、飽きずに楽しんで見ることができる娯楽作品になっている。観て損はない。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南 …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …

映画「何者」

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村 …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …