今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

投稿日:

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者であるドSな性格の小余綾詩凪は、高校生作家としてヒット作を連発していた。性格もクラスでの立ち位置も作家としての注目度も正反対の彼らだったが、編集者に勧められ、小説を共作してベストセラーを目指すことに。反発しあいながらも物語を一緒に生み出していくうちに、一也は詩凪が抱える意外な秘密を知る。監督は「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭。 

映画.com

 橋本環奈ちゃんが観たくて鑑賞。かわいいなぁって思いながらも、今まで1本の映画もドラマも見ていないのが自分でも不思議。今まで出演した映画のリストを見ても、やっぱり観ていなかった。

 予告編では「セーラー服と機関銃」とか「十二人の死にたい子どもたち」とか見ているのに、どれも本編を見ていなかった。これから次々と観ていこうと思う。

 この作品もAmazonプライムで星が3つ半だったので、どうかなぁ?と思いながら鑑賞したが、なんのなんの、橋本環奈ちゃんも相手役の佐藤大樹くんも悪くない。どちらも演技は期待よりもよっぽど良かった。映画の演出も良かった。モノクロからカラーに変わるところも効果的であったし、カラーの部分の美しさも絵画のようで良かった。原作の小説は読んでいないが、十分飽きずに最後まで見ることができた。

 橋本環奈ちゃんのドSっぷりがなんともいい感じ。佐藤大樹くんの暗ーい感じも上手に演じていた。贅沢を言えば、もっともっと橋本環奈ちゃんを観ていたかった、に尽きる。

 脇を固めるのは、佐藤大樹くんの母親役の和久井映美さん。安定の演技で素晴らしい。そして父親役の片岡愛之助さん。無精髭を生やした薄汚い感じの売れない小説家だが、流石の存在感だった。

 出版社の担当者が坂口涼太郎君で、近頃NHK朝ドラの常連さんになっていて、しっかり覚えた。かなりインパクトのある役ばかりで、不思議なキャラクターであり憎めない。

 ラブコメ好きとしては、なかなかの点数ではないかと思っている。橋本環奈ちゃんの他の作品も見てみたい。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女 …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

ドラマ「パンとスープとネコ日和」

 小林聡美主演の「かもめ食堂」と似た雰囲気の、私の大好物な食べ物に関する全4回のドラマ。今回はAmazonプライムでの鑑賞。  母と二人暮らしで、雑誌編集の会社に勤務する中年女性アキコ。職場ではベテラ …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …

映画「ボクの妻と結婚してください。」

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治 …