今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

投稿日:

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者であるドSな性格の小余綾詩凪は、高校生作家としてヒット作を連発していた。性格もクラスでの立ち位置も作家としての注目度も正反対の彼らだったが、編集者に勧められ、小説を共作してベストセラーを目指すことに。反発しあいながらも物語を一緒に生み出していくうちに、一也は詩凪が抱える意外な秘密を知る。監督は「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭。 

映画.com

 橋本環奈ちゃんが観たくて鑑賞。かわいいなぁって思いながらも、今まで1本の映画もドラマも見ていないのが自分でも不思議。今まで出演した映画のリストを見ても、やっぱり観ていなかった。

 予告編では「セーラー服と機関銃」とか「十二人の死にたい子どもたち」とか見ているのに、どれも本編を見ていなかった。これから次々と観ていこうと思う。

 この作品もAmazonプライムで星が3つ半だったので、どうかなぁ?と思いながら鑑賞したが、なんのなんの、橋本環奈ちゃんも相手役の佐藤大樹くんも悪くない。どちらも演技は期待よりもよっぽど良かった。映画の演出も良かった。モノクロからカラーに変わるところも効果的であったし、カラーの部分の美しさも絵画のようで良かった。原作の小説は読んでいないが、十分飽きずに最後まで見ることができた。

 橋本環奈ちゃんのドSっぷりがなんともいい感じ。佐藤大樹くんの暗ーい感じも上手に演じていた。贅沢を言えば、もっともっと橋本環奈ちゃんを観ていたかった、に尽きる。

 脇を固めるのは、佐藤大樹くんの母親役の和久井映美さん。安定の演技で素晴らしい。そして父親役の片岡愛之助さん。無精髭を生やした薄汚い感じの売れない小説家だが、流石の存在感だった。

 出版社の担当者が坂口涼太郎君で、近頃NHK朝ドラの常連さんになっていて、しっかり覚えた。かなりインパクトのある役ばかりで、不思議なキャラクターであり憎めない。

 ラブコメ好きとしては、なかなかの点数ではないかと思っている。橋本環奈ちゃんの他の作品も見てみたい。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ドロステのはてで僕ら」

「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる人気劇団「ヨーロッパ企画」の短編映画「ハウリング」をリブートした劇団初となるオリジナル長編映画。とある雑居ビルの2階。カトウがテレビの中から声がするので画 …

ドラマ「あなたのことはそれほど」

 上段の二人、下段の二人がそれぞれ夫婦で  左側二人が不倫しているという設定。  料理も作ってくれるし、いつもやさしい夫(東出くん)と結婚した美都(波瑠さん)。  美都は、中学時代から好きで好きで仕方 …

映画「ポエトリーエンジェル」

リングの上で自作の詩を朗読し、どちらの言葉が聞き手の心に届くかを判定して勝敗を決める「詩のボクシング」を通し、成長していく人々の姿を描いた青春エンタテインメント。「合葬」「ディストラクション・ベイビー …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「青空エール」

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。  野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦 …