今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「屍人荘の殺人」

投稿日:

デビュー作ながら「第18回本格ミステリ大賞」など3つの国内主要ミステリーランキングで1位を獲得した今村昌弘による同名ミステリー小説を神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲は、先輩でミステリー愛好会会長の明智恭介に振り回され、ホームズとワトソン気取りで学内の瑣末な事件に首を突っ込んでいた。同じ大学に通い、私立探偵の顔も持つ剣崎比留子は、2人に音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかける。実は比留子のもとには「今年の夏合宿で何かが起こる」との犯行予告が届いていたのだ。夏合宿がおこなわれる山奥のペンション紫湛荘へと向かい、3人は研究会のメンバーと合流する。そしてその夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見され……。監督はドラマ「99.9 刑事専門弁護士」シリーズなどで知られる木村ひさし。

映画.com

 山奥のペンションでの殺人事件。と言うことだったので、そこそこ古風で昭和初期の華族のお屋敷みたいなことを勝手に想像していた。

 しかし、驚いたことにゾンビ映画だった。ミステリーではあるのだが、謎解きを楽しむと言う面もあるかもしれないが、そこまでそれを考えさせるような映画ではなかった。

 ゾンビに襲われるハラハラドキドキ感もそれほどでもなく、ただ神木隆之介くんと浜辺美波ちゃんのやりとりをずっと見ていたいと言う感じの映画。だからと言って面白くないかと言うとそうでもなくて、浜辺美波ちゃんがとにかく可愛い。神木隆之介くんもセリフでそう言うくらい可愛い。もうそれだけでいい。

 気持ちが覚めてしまうような「んなわけねーだろう!」と思うこともなく、最後までしっかり見ることができた。

 まぁまぁ楽しかったよねー!って映画館を出られる映画になっている。

 浜辺美波ちゃんファンは是非是非お見逃しなく。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「名建築で昼食を」

 有名建築家を父に持つ建築模型士の植草千明はノスタルジックで可愛らしい建築を巡るのが趣味で、訪れた時の様子をSNSで随時更新しており人気を博している。一方、広告代理店で働く春野藤は別れた彼氏からぬか床 …

映画「ホテル・ムンバイ」

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で …

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …

映画「Love Letter 」

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の …

映画「ソロモンの偽証」前編・後編

 直木賞ほか多数の文学賞を受賞するベストセラー作家の宮部みゆきが、「小説新潮」で9年間にわたり連載したミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の前編。バブル経済 …