今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「幸せなひとりぼっち」

投稿日:

 孤独な老人が隣人一家との触れあいを通して再生していく姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなったフレドリック・バックマンの同名小説を映画化し、スウェーデンで大ヒットを記録した。愛する妻に先立たれ、悲しみに暮れる孤独な毎日を送っていた老人オーベ。そんなある日、隣の家にパルバネ一家が引っ越してくる。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、何かと問題を持ち込んでくるパルバネたちにうんざりするオーベだったが、次第に彼らに心を開くようになり、やがて妻との思い出を語りはじめる。「アフター・ウェディング」のロルフ・ラスゴードが主人公オーベを好演。スウェーデンのアカデミー賞と言われるゴールデンビートル賞で主演男優賞と観客賞をダブル受賞した。

映画.com

 愛する妻を亡くしてひとりぼっちの生活になった主人公の高齢男性オーベ。

 昔は良かった。それが今ではどいつもこいつもバカばかり。ゴミを平気で捨てるし、ルールを守らないやつばかりだ。俺がゴミを片付けて、ルールを守らせて、以前のような住みやすい場所にしてやる。そのためにはあいつらに判らせてやらないといけない。もう近頃やつはまったくわかってないロクでもないやつばかりだ!

 と、こんなことを考えているオヤジというのは、世界的にもどこにでもいるもんなのだなと思った。

 仕事もクビになって、早く愛する妻のもとに行きたいと、何度も自殺を決行するがいつも邪魔されて失敗している。隣に引っ越してきた家族は、煩くて迷惑ばかりかけてくる。しかも、車の運転を教えてくれだの、子供の送迎をしてくれだの、図々しいことばかりいいやがる。

 今までの人生を思い返しながら、現在の煩わしい隣家との生活をしながら、少しずつ少しずつオーベの心が開いていく。彼の子供の頃からの生い立ち、親とのこと、妻との出会い、楽しい生活、そして事故による妻の怪我。そして、妻との別れ。そんな自分の人生を振り返りながら、これからの人生を新たに歩き始めるその姿に勇気をもらう。

 あんなに頑固で偏屈なクソジジイが、徐々に丸くなっていき、素敵な笑顔を見せるようになってくる。

 自分がこれから歩いていく道でもありそうなので、とてもリアルな感覚で鑑賞できた。

 「近頃の若いもんは!」と思うことなく、謙虚な気持ちで生きていかないといけない。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    近ごろU-NEXTでも観るものが無くて退屈してたところです、早速観てみますありがとう。

    • KURI より:

      Akiさん
       私はAmazonprimeだけですが、まだまだ観たいものがたくさん。洋画はほとんど手付かずです。映画館での上映も観たいし、なかなか時間が取れませんよね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「先生のおとりよせ」

   クールなイケメンと髭面のオネエ言葉というと、西島秀俊と内野聖陽の「きのう何食べた?」を思う浮かべてしまう。  でも、この二人はそういう関係ではない。ドMで髭面のオネエ言葉であるえっちな美少女漫画 …

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …

映画「チアダン」

 ごく普通の女子高生たちによるチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校の実話を、広瀬すず、中条あやみ、天海祐希らの出演で映画化。高校に入学した友永ひかりは、中学か …