今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

投稿日:

 「いい映画だったよ、観る?」

 と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。

 それだけに油断していた。

 2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい映画を劇場で観られなかったのが残念。

ドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本による第2回監督作品。波瑠と成田凌演じる2人の男女の出会いからの30年間を3月の出来事だけで紡いでいく恋愛ドラマ。1986年3月1日、運命的な出会いを果たした弥生と太郎は、互いに惹かれ合いながらも、親友であるサクラを病気で亡くしたことから思いを伝えることができずにいた。2人は、それぞれ結婚し、家庭を持ち、別々の人生を歩んでいった。しかし、離婚や災害、配偶者の死など、厳しい現実を前に子どもの頃から抱いていた夢の数々はもろくも絶たれてしまう。人生のどん底を味わう中、30年の時を超えて、今は亡き友人サクラからのメッセージが届く。弥生役を波瑠、太郎役を成田が演じるほか、杉咲花が親友のサクラに扮した。

映画.com

 波瑠ちゃん演じる「弥生」は、真っ正直な正義感を振りかざしたピュアな女性。それとは対称的にいつもヘラヘラとして天真爛漫なおバカ男子っぽい「山田太郎」を成田凌が演じる。

 高校時代からお互いに両想いなのに、なかなかそれを伝えられないまま、それぞれの人生が劇的に思わぬ方向へ変化していってしまう。それぞれに人生のどん底を味わい、その都度微かな接点がかろうじて残っている。そんな細い細い糸を、お互いに断ち切らず、そして切られそうになっても誰かが必死につなぎ止めてくれている。

 人生なんて思い描いたようになんて展開しない。「どうしてこうなってしまうのだろう?」ということばかりが続く。「もう最悪だ!」という出来事も次から次へと起こり、「もうだめだ・・・」という思うことも何回あっただろう。それでもそれでも、そんな時でも1本の糸を垂らしてくれていたり、暗闇の奥に小さな光が見えたり、底無し沼に落ちたと思って諦めても、ふと最後に蹴った場所がまさかのどん底で浮上出来たり。

 そんなこんなを繰り返して、今自分はここに居て、ちゃんと呼吸をしている。

 そういう今までの自分のことを走馬灯のように思い出させてくれるような映画だった。思い描いた人生とは違ったけど、これはこれでいい人生だったかもしれないなって思わせてくれる映画だった。

 出来ることなら、映画館で再上映してくれたら是非観に行きたい映画である。



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「ソラニン」

 宮崎あおいが好きで、次々と検索して観ている。  監督は三木孝浩氏で、私の過去に観た好きな作品ばかり。  本田翼の「アオハライド」、  上野樹里の「陽だまり彼女」、  新垣結衣の「唇に歌を」、  土屋 …

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …