今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

投稿日:

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見がちで恋愛には消極的、自分に自信が持てない由奈。そして、朱里の義理の弟の理央と由奈の幼なじみの和臣。同じ学校に通う高校1年生の4人は同じマンションに暮らしていた。憧れ、片思い、ある秘密……4人の四者四様のさまざまな思いがすれ違いながら交差していく。「君の膵臓をたべたい」やアニメ「HELLO WORLD」でも共演してきた浜辺と北村が朱里役と理央役を務め、由奈役を福本、和臣役を赤楚がそれぞれ演じる。監督は「アオハライド」「フォルトゥナの瞳」など数々の青春・恋愛映画を手がける三木孝浩。

映画.com

 私の大好きな「僕は明日昨日の君とデートする」の監督・三木孝浩氏の作品。青春恋愛映画の王道を突き進む1本。

 浴衣を着ての縁日あり、下校時の急な雨に差し出される傘あり、文化祭での出来事あり、校舎の屋上で二人きりあり、長めの良い場所での二人きりあり、出会えそうで出会えないもどかしさあり、そんなこんなのてんこ盛り、全部のせの映画で大満足。

 時代劇や演歌と同様、いつものパターンでちゃんと落とし所は落としてくれる安定の青春恋愛映画。

 主役は「君の膵臓を食べたい」の二人。

 浜辺美波さんは、上映後の挨拶で一度お目にかかったことがある。この世のものとは思えないくらい可愛いらしいお嬢さんであった。眩しいくらい光り輝いていらした。

 この映画の中でもそれは一緒。美しすぎるほど光り輝いている。もうそれだけでいい。

 赤楚(あかそ)衛二くんがいい味を出していた。この俳優さんあってのこの映画と言ってもいいくらい。

 そして音楽は、これまた私の大好きな「伊藤ゴロー」氏。この映画のサントラはいつも部屋に流していたい。そんなピュアな心地よい音楽。浜辺美波さんによく似合う。

 期待通りの青春恋愛映画の王道の映画だった。2時間飽きることなく楽しませてもらった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …

映画「パーマネントのばら」

 2時間弱でサラッと観られる日本映画はないかなって、Amazonプライムで探していたら目に入った作品。  あらすじも原作もキャスティングもよくわからず鑑賞開始。  正直なところ、あまり期待していなかっ …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「空母いぶき」

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。  映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。  正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数 …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …