今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「愚行録」

投稿日:

 

  直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。

 ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材を重ねるうちに、次々とその友人たちから語られる被害者の裏の姿を目の当たりにするようになる。

 田中には妹が一人いるが、未婚の子を産んだものの育児放棄で捕まってしまう。田中兄妹の両親は離婚しており、小さい頃から二人で苦労を重ねてきた。

 妻夫木聡の抑圧的な演技と、満島ひかるの秀逸な演技が光り輝き、鑑賞中目が離せなくなる。

 日々の何気ない差別感、偏見による妬み、嫉みが蓄積することによって、衝動的なトリガーによって思いもよらぬ行動に出てしまう。きっとこれは誰にでも起こりうることではないだろうかと空怖ろしくなるばかりだった。

 しかし、どの世界に入っても「いじめ」は無くならず、どんな善良そうな人であっても心の中には「悪」が棲みついている。その存在にいつ気が付けるかにもよるが、「自分は大丈夫」と思っている人ほど危ないかもしれない。

 たまたまその「悪」の部分を出さずに済んでいただけかもしれない。いざその「悪」の存在に気づいた時に、それが暴走した時に、押さえ込むことができるだろうか。自分でも自信がない。

 自分が生まれ落ちた環境によってある程度当面の進路が決まってしまうのは抗うことは出来ない。そこから自立した時に、どのように自分の道を歩くことができるのか。どこまで負の遺産を取り返すことができるのだろうか。それもまた本人の努力とは違うところにあるものだろうか。

 絶望感や無力感も感じつつ、どこに希望の光を見出せばいいのか、いろいろと考えさせられる映画であった。かといって、希望がないかという訳ではなく、そこからどうすればいいのか?と考えることは、希望に向かって歩き出すということである。

 誰しもある程度生きていくことで人生の「底」を踏むことになる。その時にそこが「底」と認識できればいいが、まだまだその先に「底」がある場合もある。あと少しで「底」だったのに、最初の「底」だと思ったところが「底」でなかった時に「絶望」を感じる。

 そんな経験を数回重ねるうちに、少しは慣れに近いものができる。とは言え、その数回が「底」だと思ったすぐ先にたまたま本当の「底」があっただけかもしれない。結局のところ、その人の強さとか経験値とかということもあるが、その時の自分の状態、様々な状況によって、神の悪戯のようなタイミングで重なった時にどれだけそこから救いの手らしきものが差し伸べられるのか。そんなのは唯の「運」のような気もする。

 この手の話は、考えれば考えただけ深いところに入り、足を取られる。

 「結局さぁ〜」と投げ出したくもなってくる。

 そんなことを色々と考えしまうきっかけになるような映画だった。そんなことを考えてみたい時にはいいかもしれない。

 私にとってはなかなか秀逸な映画であったことは間違いない。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、 …

映画「ゼロ・グラビティ」

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ …

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチング …

ドラマ「しんがり 山一証券 最後の聖戦」

WOWOWのドラマは好きでよく見ている。どれもハズレのない良質な作品が多い。  このドラマも期待以上の作品だった。 江口洋介主演 文句なしにかっこいい。  そして、今回特に目を引いたのが、いつも嫌な性 …