今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「愛がなんだ」

投稿日:

 直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を、「パンとバスと2度目のハツコイ」「知らない、ふたり」の今泉力哉監督で映画化。「おじいちゃん、死んじゃったって。」の岸井ゆきの、「キセキ あの日のソビト」「ニワトリ★スター」の成田凌の共演でアラサー女性の片思い恋愛ドラマが展開する。28歳のOL山田テルコ。マモルに一目ぼれした5カ月前から、テルコの生活はマモル中心となってしまった。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、マモルにとってテルコは単なる都合のいい女でしかなかった。テルコがマモルの部屋に泊まったことをきっかけに、2人は急接近したかに思えたが、ある日を境にマモルからの連絡が突然途絶えてしまう。

映画.com

 こういった愛のかたちを経験したことないので、そういうのもあるんだなって、そういうのがいい人もいるんだなって、人間色々何だなってそう思う。

 それでお互いに良ければそれでいいんだよねってことなのかな? 

 若い頃はいわゆる恋愛相談とかよくよく聞いたような気もするし、今になっても様々な夫婦がいることを知るにつけ、男と女はそれぞれ色々なパターンがあって、「普通はこうでしょ!」とか「普通はありえない!」とか、ある人の「普通」を基準に考えてしまうと大抵解決しないし、腑に落ちずにまた次のところへ相談を持ちかける事になる。

 この映画でも「そんな男は最低だよ、別れなよ」「そんな女は普通じゃないっしょ」ってセリフが出てきて、自分とは違う価値観の二人を否定する。

 でもなかなか別れられない。否定されるほど腹が立ち相手の弁護をし始める。これもよくあるパターン。

 そういうのを上手に意表を突くかたちで、いくつものパターンを映像にしているところがすごいなと思った。

 「え?! そうきたか!」というのが多かったので、最後の最後までワクワクしながら観ていた。

 原作は読んでいないが、監督の作り出す独特の「間」も好き。この監督の他の作品にも通じる独特な雰囲気が好きだ。こういう映画があるから邦画はいいんだよなぁ。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「泣きたいときのクスリ」

 FMラジオドラマでよく聴いていた同名タイトル。いくつかの話を合わせて映画化した感じ。ラジオドラマはとても楽しみで毎回聴いていたので映画化も楽しみだった。  出演者も、大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、遠 …

映画「世界から猫が消えたなら」

映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿 …

映画「さよならまでの30分」

「ちはやふる」の新田真剣佑と、バンド「DISH//」でミュージシャンとしても活躍する「君の膵臓をたべたい」の北村匠海のダブル主演による、オリジナルの音楽青春映画。バンド「ECHOLL」がメジャーデビュ …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「ハクソー・リッジ」

メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を …