今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「愛がなんだ」

投稿日:

 直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を、「パンとバスと2度目のハツコイ」「知らない、ふたり」の今泉力哉監督で映画化。「おじいちゃん、死んじゃったって。」の岸井ゆきの、「キセキ あの日のソビト」「ニワトリ★スター」の成田凌の共演でアラサー女性の片思い恋愛ドラマが展開する。28歳のOL山田テルコ。マモルに一目ぼれした5カ月前から、テルコの生活はマモル中心となってしまった。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、マモルにとってテルコは単なる都合のいい女でしかなかった。テルコがマモルの部屋に泊まったことをきっかけに、2人は急接近したかに思えたが、ある日を境にマモルからの連絡が突然途絶えてしまう。

映画.com

 こういった愛のかたちを経験したことないので、そういうのもあるんだなって、そういうのがいい人もいるんだなって、人間色々何だなってそう思う。

 それでお互いに良ければそれでいいんだよねってことなのかな? 

 若い頃はいわゆる恋愛相談とかよくよく聞いたような気もするし、今になっても様々な夫婦がいることを知るにつけ、男と女はそれぞれ色々なパターンがあって、「普通はこうでしょ!」とか「普通はありえない!」とか、ある人の「普通」を基準に考えてしまうと大抵解決しないし、腑に落ちずにまた次のところへ相談を持ちかける事になる。

 この映画でも「そんな男は最低だよ、別れなよ」「そんな女は普通じゃないっしょ」ってセリフが出てきて、自分とは違う価値観の二人を否定する。

 でもなかなか別れられない。否定されるほど腹が立ち相手の弁護をし始める。これもよくあるパターン。

 そういうのを上手に意表を突くかたちで、いくつものパターンを映像にしているところがすごいなと思った。

 「え?! そうきたか!」というのが多かったので、最後の最後までワクワクしながら観ていた。

 原作は読んでいないが、監督の作り出す独特の「間」も好き。この監督の他の作品にも通じる独特な雰囲気が好きだ。こういう映画があるから邦画はいいんだよなぁ。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ファーザー」@アレックスシネマ

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、「羊たちの沈黙」以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いに …

アニメ「イヴの時間」

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」  冒頭に上記の文章が出る。  人間と見かけ状区別がつかない人間型ロボットが家庭に …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …

映画「天空の蜂」

ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲