今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「感染列島」@Amazonプライム

投稿日:

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。

 ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。

 「ちょっと大袈裟じゃない?」というのは、今回のコロナ禍を体験して「いやいやあり得るかもよ」という気持ちの方が強い。

 それより、「こんもんじゃ済まないかもよ」とさえ思う。

 第一波が過ぎて、第二波が来ている今、覚悟しておかなければいけない現実かもしれない。

 「自分だけは大丈夫」という気持ちはあったが、身近な人が感染した瞬間にガラリとそんな気持ちは吹っ飛ぶ。

 「やばい」と思った時にはすでに遅いのだ。

 「こんなのはあり得ない」「あの演出はおかしい」など、細かい突っ込みどころはあろうが、問題はそういうところではなく、さっきまで一緒に働いていた人が今目の前で死んでしまおうとしている。そういうことが起こるのだよということ。だからこそ佐藤浩市氏が、あのように最初の段階で死んでしまうというその演出が重要だったのだと思う。

 それでもこれはちょっとという場面もあるので、星5つ満点で3.5かな。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

映画「あやしい彼女」

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。  それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。  元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。  女手一つで娘を育て上 …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …