今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「感染列島」@Amazonプライム

投稿日:

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。

 ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。

 「ちょっと大袈裟じゃない?」というのは、今回のコロナ禍を体験して「いやいやあり得るかもよ」という気持ちの方が強い。

 それより、「こんもんじゃ済まないかもよ」とさえ思う。

 第一波が過ぎて、第二波が来ている今、覚悟しておかなければいけない現実かもしれない。

 「自分だけは大丈夫」という気持ちはあったが、身近な人が感染した瞬間にガラリとそんな気持ちは吹っ飛ぶ。

 「やばい」と思った時にはすでに遅いのだ。

 「こんなのはあり得ない」「あの演出はおかしい」など、細かい突っ込みどころはあろうが、問題はそういうところではなく、さっきまで一緒に働いていた人が今目の前で死んでしまおうとしている。そういうことが起こるのだよということ。だからこそ佐藤浩市氏が、あのように最初の段階で死んでしまうというその演出が重要だったのだと思う。

 それでもこれはちょっとという場面もあるので、星5つ満点で3.5かな。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マージン・コール」

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエ …

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南 …

映画「一週間フレンズ」

Amazonプライムで観ようと思って「すぐ観る」をクリックしようとしたら、 「もう一度観る」って書いてあって驚いた。  見始めても「これみたっけかなぁ?」「うん、観たような気がするけど、この先どうなる …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …