今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「戦場のピアニスト」

投稿日:

  かなり衝撃的だった。

 タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。

 2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。

 第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダヤ人を抹殺しようとしていた。

 ユダヤ人である主人公は、ピアニストでありラジオで演奏しては収入を得ていた。徐々にドイツの侵攻が進み、ラジオ収録中にも爆撃が起こる。

 イギリスやフランスがドイツに宣戦布告し希望を見出すが、それでもドイツ軍によるユダヤ迫害はついに主人公の家族にまで及ぶことになる。

 家族全員が貨物列車に入れられ運ばれる時に、たまたま知り合いによって主人公一人が救われる。そこから知り合いの伝手で匿ってもらったりするが、それでもいつも生命の危機すれすれの状態。

 最後は一人だけ助かるわけであるが、これほど怖い戦争映画は「プライベートライアン」のオープニング以来かもしれない。

 ドイツの侵攻を受けて、

 「ユダヤ人出てこい!」

 集められて有無を言わさず銃殺される。

 財産は没収されて、虫ケラのような扱い。

 これが日本にとっての隣国の侵攻を受けて、

 「日本人、出てこい!」

 と言われて、「そこで裸で踊れ!」

 断れば即座に銃殺。

 神も仏もいない状況に耐えられるだろうかと思う。

戦争とはなぜ人をここまで残忍にするのだろうか?

これが本来の姿なのだろうか?

 陸上でも、海の中でも、

 日々、弱肉強食の世界が繰り広げられている。

 きっとヒトも基本似たようなものなのかもしれない。

 

 最後は散々やりたい放題だったドイツ兵士が捕らえられ、

 ユダヤ人に命乞いをするシーンも出てくる。

 それに唾を吐きかける。

 「あの時は仕方なかった。そうしないと自分がやられた。」

 いじめ問題も同様にその繰り返し。

 長い年月に渡ってヒトはずっとそれを繰り返してきた。

 これからもきっとそれを繰り返していくのだろう。

 そんなことを考えさせられた映画だった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「ザ・ファブル」

 小さい頃から殺人マシーンとして育てられた主人公は、やや殺しすぎて育てた方が心配になってきた。そこで1年間殺人は禁止で普通に過ごすと言うことで大阪のヤクザに預けられた。  しかし、ややこしいことに巻き …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「アデライン、100年目の恋」

 アデラインと言う主役の女性(ブレイク・ライヴリー)は、ある時に事故に遭い死亡するが、その直後に雷に打たれて高電圧を受けることで、心臓が再び動き出し、また遺伝子に変異が起こり「老化しない」身体になり、 …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …