今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「戦場のピアニスト」

投稿日:

  かなり衝撃的だった。

 タイトルは知っていたが、あらすじはまったく知らずに鑑賞開始。

 2時間半という長い映画であったが、あっという間だった。

 第二次世界大戦、ドイツが隣国ポーランドに侵攻しユダヤ人を抹殺しようとしていた。

 ユダヤ人である主人公は、ピアニストでありラジオで演奏しては収入を得ていた。徐々にドイツの侵攻が進み、ラジオ収録中にも爆撃が起こる。

 イギリスやフランスがドイツに宣戦布告し希望を見出すが、それでもドイツ軍によるユダヤ迫害はついに主人公の家族にまで及ぶことになる。

 家族全員が貨物列車に入れられ運ばれる時に、たまたま知り合いによって主人公一人が救われる。そこから知り合いの伝手で匿ってもらったりするが、それでもいつも生命の危機すれすれの状態。

 最後は一人だけ助かるわけであるが、これほど怖い戦争映画は「プライベートライアン」のオープニング以来かもしれない。

 ドイツの侵攻を受けて、

 「ユダヤ人出てこい!」

 集められて有無を言わさず銃殺される。

 財産は没収されて、虫ケラのような扱い。

 これが日本にとっての隣国の侵攻を受けて、

 「日本人、出てこい!」

 と言われて、「そこで裸で踊れ!」

 断れば即座に銃殺。

 神も仏もいない状況に耐えられるだろうかと思う。

戦争とはなぜ人をここまで残忍にするのだろうか?

これが本来の姿なのだろうか?

 陸上でも、海の中でも、

 日々、弱肉強食の世界が繰り広げられている。

 きっとヒトも基本似たようなものなのかもしれない。

 

 最後は散々やりたい放題だったドイツ兵士が捕らえられ、

 ユダヤ人に命乞いをするシーンも出てくる。

 それに唾を吐きかける。

 「あの時は仕方なかった。そうしないと自分がやられた。」

 いじめ問題も同様にその繰り返し。

 長い年月に渡ってヒトはずっとそれを繰り返してきた。

 これからもきっとそれを繰り返していくのだろう。

 そんなことを考えさせられた映画だった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」

押井守監督が1995年に手がけたSF長編アニメの金字塔。士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」をアニメーション映画化した。西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪 …

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

映画「空飛ぶタイヤ」

テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎が警察から聞かされたのは、走 …

映画「水曜日が消えた」

 主人公の青年は幼いころの事故の後遺症により、7人の人格が日替わりで現れる。性格や好み、ライフスタイルもそれぞれ異なる7人の中でも一番地味で几帳面な火曜日の”僕”は、自由奔放な …

ドラマ「アキラとあきら」全9話

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎 …