今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「持たざるものが全てを奪う HACKER」

投稿日:

 希望を胸にアメリカに移民した夫婦とまだ小さな息子。住宅ローンを抱えて立派な家を持ったが、父は定職に就けず酒浸り、母はひとりで銀行で働いてどうにか生活していた。息子は母のパソコンがおもちゃで、学生時代にパソコンのことを独学で学んでいく。クリックするだけのバイトで小遣い稼ぎなどを覚えて少しずつネットで稼げるようになっていく。

 そんな時に母が突然銀行を理不尽にも解雇されてローンが払えなくなる。途方にれる母に、ネットで稼いで貯めたお金を渡して息子はひとり街に出て、瀬取りなどで稼ぐようになる。危ない橋を渡っている時に、同業の仲間サイに声をかけられ一緒に稼ぐことにする。調子良く稼いでいた。

 ある時、母のことを解雇した銀行に復讐しようと、銀行のシステムを狂わせるソフトを組み込もうとした時に発覚してしまい、銀行のセキュリティー担当の者に捕まるがどうにか見逃してもらう。

 その後に、サイから紹介された女性と組むことになるが、不思議と美味しい仕事を持ってきてそれがうまくいき、もっと大きな仕事をやろうということになり、3人で香港へと向かうことになり、そこでも偽造クレジットカードで荒稼ぎをする。

 そこから世界的にも有名なブラックマーケットで君臨する「ゼッド」という人物とコンタクトをとり、世界規模での大事件を起こそうとするが・・・・。

 最初から最後まで飽きることなく見られる楽しい映画。笑うところはないが、ずっと目が離せない。女性もチャーミングだが名前がニコルソンってあったので調べたらジャック・ニコルソンの娘だった。

 最後の最後に大どんでん返しが色々とあって、それも楽しい。

 これを見てハッカーになろうかというそんな映画ではないし、その手口も真似できるようなものではないが、飽きない楽しい映画だった。

 でもあまり記憶には残らないかもしれないなぁ。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「カメラを止めるな!」

これも今更ですが、「まだ観ていなかったの?」って言われそう。  2018年に一世風靡した作品です。  正直、とっても面白かったです。もっと早く観ればよかった。  観終わった感想は、「三谷幸喜さんの作品 …

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編になる。  「序」は先日近所の映画館にて「4DX」で鑑賞した。大迫力で大興奮であった。  今回も妻と一緒だが、映画館ではなくて自宅のリビングでいつものテレビでAm …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …