今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 映画

映画「散り椿」

投稿日:

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女と対峙する。過去の不正事件の真相や妻の本当の思いを知る新兵衛だったが、その裏では大きな力が彼を襲おうとしていた。主人公・新兵衛を岡田准一、かつての友・采女を西島秀俊が演じるほか、黒木華、池松壮亮、麻生久美子ら日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結。

映画.com

 今回も、岡田准一と麻生久美子。

 とにかく岡田准一の殺陣がすごい。見ていてゾッとするほどの怖さを感じる。

 それと対照的に麻生久美子の優しさと美しさ。

 そして、映像の見事さ、脇役陣の豪華さ。これぞ日本の時代劇という意気込みを感じる映画。

 ここにもう一人、ちょい役でもいいから大御所の時代劇俳優さんが居てくれたらとふと思ってしまった。例えば誰?と聞かれると、あぁ、あの人も死んじゃったし、その人ももう居ないのか、とちょっと寂しい気持ちになった。

 でも、まだこれだけの時代劇が作れるということが素晴らしい。こう言った時代劇は選んで観ていきたいと思う。

-ひとりごと, 映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    何となく、このような映画好きです。藤沢周平さんの作品、好きなので・・・。機会があったら、観たいと思います。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      藤沢周平さんとこの葉室麟さん。どちらも好きな作家です。この葉室麟さんの「蜩ノ記」も素敵な映画でした。役所広司さん主役ですが、岡田准一くんもいい演技していました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「バケモノの子」

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少 …

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

神話

 神話ってどうしてあんなに古い時代から現代に至るまで伝えられているのだろう?  きっとその方が都合の良いことが多いのだろう。  神話ってどうしてどの国でも似たような話が多いのだろう?  それを後世に伝 …