今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「新解釈・三國志」

投稿日:

「今日から俺は!!」「勇者ヨシヒコ」「銀魂」シリーズなど数々のコメディ作品を手がける福田雄一監督が、日本でも広く親しまれている中国の「三國志」に独自の解釈を加え、今回が初タッグとなる大泉洋を主演に迎えて描いた歴史エンタテインメント。いまから1800年前、中国大陸では中華統一をめぐって「魏」「蜀」「呉」の三国が群雄割拠していた。そんな世に、民の平穏を願う武将・劉備が立ち上がる。劉備ら各国の武将たちは激動の時代を駆け抜け、やがて魏軍80万と蜀・呉連合軍3万という、圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」が巻き起こる。人々を憂い、人望も厚い人物として知られる劉備だが、実は……。劉備を演じる大泉のほか、ムロツヨシ、山田孝之、佐藤二朗、賀来賢人、橋本環奈、山本美月、岩田剛典、渡辺直美、小栗旬ら福田組おなじみの顔ぶれを含めてオールスターキャストが集結。さらに名優・西田敏行が、「三國志」の新解釈を講義する歴史学者・蘇我宗光役で福田作品に初出演した。主題歌は福山雅治が担当。

映画.com

 三国志は、吉川英治の小説(全8巻)、横山光輝の漫画(全60巻)、光栄のゲーム三國志(歴史シミュレーションゲーム)で一通り嗜んだが、これらもほぼ大学時代のことだから大筋はわかるが、細かいところは忘れている。

 この映画は、主演が大泉洋とムロツヨシと言うことで、まぁそういう映画だ。

 三國志を主題にしたコントと思っていいかもしれない。三國志を知らなくても、三國志を知っていれば更に楽しめるかと思う。

 こういうふざけたのは嫌い!と言ったらそれまでで、残念でしたと言うしかないが、大泉洋やムロツヨシのファンなら楽しめるんじゃないかな?今回Amazonプライムでの鑑賞だったが、映画館に行かずに待っててよかったと思った。出来が悪いわけでもないし、期待はずれでもなく、予想通りと言う感じの映画で、しっかり笑わせてくれた。

 映画と言うよりも、「コント」と「小芝居」に近いかな。それでも出演者皆さんいい味出しています。鑑賞中、ずっとニヤニヤ笑っていた感じ。

 ネットでメイキングを見たりして、あれが全てなんじゃないかと思ったが、まぁ雰囲気は全編あんな感じ。メイキングより本編の方が当然面白かった。

 やっぱりメイキングにもあった渡辺直美の「舞い」が最高。あのメイキング映像よりも面白い。あれを見るだけでも価値があるかも。

そして、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の北条義時が曹操と、

源頼朝が劉備と重なってしまって非常に困る。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …

映画「犬部」 @アレックスシネマ

 まずはこの映画館の映画愛がすごい。  こんなに映画って素晴らしいからみんな観てみてよ!って気持ちが溢れ出ている。  だから、座席はお隣の映画館の方が座り心地がいいのだけど、  ついついこちらの映画館 …

映画「ショーシャンクの空に(字幕版)」

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監さ …