今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「望み」

投稿日:

堤幸彦監督と堤真一が初タッグを組み、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。一級建築士の石川一登と校正者の妻・貴代美は、高校生の息子・規士や中学生の娘・雅とともに、スタイリッシュな高級邸宅で平和に暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来、遊び仲間が増え無断外泊することが多くなっていた。ある日、規士が家を出たきり帰ってこなくなり、連絡すら途絶えてしまう。やがて、規士の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察によると、規士が事件に関与している可能性が高いという。行方不明となっているのは3人で、そのうち犯人と見られる逃走中の少年は2人。規士が犯人なのか被害者なのかわからない中、犯人であっても息子に生きていてほしい貴代美と、被害者であっても彼の無実を信じたい一登だったが……。貴代美役に「マチネの終わりに」の石田ゆり子。「八日目の蝉」の奥寺佐渡子が脚本を手がけた。

映画.com

 自分にも思い当たるところがあるが、高校時代は親とはほとんど会話がなかったような気がする。何か聞かれても「べつに」ばっかり。ポケットに手を突っ込んで猫背で歩き、世の中を甘く見ていた。

 そして、すべてが不満で、何もかもにイラついていた。

 一番イライラすることは、自分自身に対することだ。不甲斐なくて、全てに自信がなくて、何もできない自分が嫌だった。やりたいことが見つからず、やりたいことが見つかってもそれを実現できる自信もなかった。

 両親もそんな自分を見ていて、辛かったんじゃないかと思う。自分にも息子ができて、自分が迷っていた年齢になったときに「あ〜、あの頃の自分がいた」と思ったが、自分よりもよほど強く見えた。

  この映画も、小さい頃はあんなに仲良く一緒に遊んだ男同士だったのに、なぜ今はろくに会話も出来ないのだろう?こいつは何を考えているのだろう? そんなところに突然帰宅しなくなり、事件に巻き込まれていく。

 自分の息子を信じたいのは間違いないが、その自信もここ最近会話もしていないから不確かである。頼るのは、小さい頃のいくつもの思い出の中の息子の人間性だけなのだ。

 そんなことがひしひしと伝わってくる。

 妻とは心配の仕方が違う。映画の中では母親としてはどんな状況であろうが息子が生きていてくれればと考える。父親としてはどうなのだろうな。いろいろな面から考えてしまってよくわからず戸惑ってばかり。ただ冷静に考えようと努力している。

 そんな家族みんなの動揺っぷりがとてもリアルに伝わってくる映画だ。こんな事件は起きて欲しくないのはもちろんだが、それを描いたことはそれで価値はあるのだろうな。でも、この年になると明るく楽しい時間を過ごしたいという気持ちが大きい。たまにはこういう映画もいいけど。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ映画「未来のミライ」

「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険 …

映画「マトリックス リローデッド」

 「マトリックス」の続編であり、三部作の2作目。  1作目よりもさらに経費が掛かっていそうな映像。  まず違和感があったのが「タンク」役が違う。たくさんのモニターを前にして情報を送る役のアジア人で、い …

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

 鈴木奈未は、小説家を諦めきれない父に閉口する母から、「人並みの生活と幸せが得られれば十分」と言われて育ち、自身も「普通が一番」と考えるごく普通の女性だった。幼馴染で片思いの相手・日置健也のあとを追い …

映画「八日目の蝉」

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐し …

映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」 

 フィンランドの首都ヘルシンキで小さな美術店を営む72歳のオラヴィは、顧客リストは手書きで管理、領収書はタイプライターで発行するなど、いまだに古い商いを続けている老美術商。しかし最近はオンラインギャラ …