今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「朝が来る」DVD

投稿日:

直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督のメガホンで映画化。栗原清和と佐都子の夫婦は一度は子どもを持つことを諦めるが、特別養子縁組により男の子を迎え入れる。朝斗と名付けられた男の子との幸せな生活がスタートしてから6年後、朝斗の産みの母親「片倉ひかり」を名乗る女性から「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話が突然かかってくる。当時14歳で出産した子を、清和と佐都子のもとへ養子に出すことになったひかりは、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心やさしい少女だった。しかし、訪ねて来たその若い女からは、6年前のひかりの面影をまったく感じることができず……。栗原佐都子役を永作博美、栗原清和役を井浦新、片倉ひかり役を蒔田彩珠、栗原夫婦とひかりを引き合わせる浅見静恵役を浅田美代子がそれぞれ演じる。新型コロナウイルスの影響で通常開催が見送られた、2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出。

映画.com

 ミステリーの要素もあるとは思わなかった。河瀬直美監督の作品は好きでずっと観てきた。今回も期待を裏切らない作品。

 初期作品、「萌の朱雀」や「殯の森」の初期の尾野真千子を彷彿させるのが、片倉ひかりを演じる蒔田彩珠。現在、NHK朝ドラ「おかえりモネ」で主人公の妹役を演じているが、この女優の輝きが引き立つ。それを引き立たせているのは、永作博美と中島ひろ子。この二人の女優さんの演技は秀逸だった。

 それと浅田美代子もいつもは少し嫌味ったらしい役や意地悪の役が多いが、今回は複雑な心境の役をうまく演じていたように思う。

 ミステリー要素を書くとネタバレになってしまうが、ちょっと意外な展開だった。里子を育てる夫婦の苦悩を描いたドラマと思い込んでいたが、それもあるが後半はまた別のところにスポットを当ててきた。それが少し意外であり新鮮だった。

 不妊治療の苦悩で一時諦めていたが、特別養子縁組という里子制度を利用しての子育て。そこに突然思いもよらぬ人が訪れる。テンポよく迷うことなく時間を戻したり、進めたりして、それぞれの心情を映し出す化粧や表情・服装も変化させてうまく撮られている。

 やや重い雰囲気はあるが、いい映画を観せてもらったという感じが味わえる映画だった。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ランボー」

 公開されたのが38年前。   もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だ …

映画「キャラクター」2回目

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わっ …

映画「私をくいとめて」

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「ワンダーウォール」

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲