今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「東京公園」

投稿日:

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続ける光司のもとへ、「彼女を尾行して写真を撮ってほしい」という依頼が舞い込んだことで、ゆるやかな距離でつながっていた女性たちとのあいまいな関係が微妙に変化していく。人間関係の間で揺れ動く繊細な役どころで新境地を開拓した三浦とともに物語を彩るのは、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥。

映画.com

 映画の紹介文を読んでも、どんな映画なのかよくわからなかったが、三浦春馬君をはじめとする好きな俳優さんが出演しているし、評価も良かったので観てみた。

 出てくる登場人物の説明がなくて、この人はどういう関係の人? え?幽霊なの?と言った具合に相関関係がよくわからないまま話が進む。関係が分かりにくと、会話の中からそれを伺おうと映画に集中していくか、入り込めずにながら見になるかのどちらかだが、この映画は三浦春馬君の演技の巧みさでついつい引き込まれた。

 三浦春馬君の作品はいくつか観ていた。「きみに届け」も好きな作品だった。検索していくと、こんな短期間にこんなたくさんの作品に出演していたのかと驚くほどだ。そして、どれも手抜きと感じさせることはなく、どれも繊細で見事な演技である。今更ながら惜しい俳優さんを失ったものだと残念に思うばかりだ。

 映画は、三浦春馬君と染谷君の見事な掛け合い、そして榮倉奈々ちゃんが元気で強気な笑顔の裏にある寂しい部分を見事に演じていた。

 今回いちばん目が離せなかったのは、小西真奈美さん。後半の三浦春馬君とのロングのシーンでの演技は目が釘付けになった。まぶたの動きの細かいところまで神経が研ぎ澄まされていて素晴らしかった。

 全体として分かりにくい部分もあるし、あの幽霊の死因はなんなの?とか、どうして三浦春馬君にしか見えないの?とか、疑問な点はあるけど、そこは特に解明しなくても主題には影響ないのでいいのかもしれない。

 歯科医とその妻である井川遥さんとの関係もよくわからないし、そこは描かれていない。それも気になって仕方がないというわけでもないし、それがわかったことでどうってことないのかもしれない。

 いい映画を観たなぁって思える作品。邦画でしか味わえないこの感覚。

 ありそうで意外とないんだよなぁ。

 



-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「半世界」

 これほど画面から目が離せなかった映画もなかった。  ハラハラドキドキじゃなくて、「マラソン中継を見始めたらトイレにも行けずに最後までずっと見ちゃった」に近いかもしれない。  脚本が素晴らしいのか、役 …

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「蜂蜜と遠雷」

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4 …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

 カナダの女性画家「モード・ルイス」の半生を描いた映画。  モードは、生まれながらの若年性リウマチを患っており、手足が思うように動かない。背も小さく、歩き方も不自然。そんな見た目のために、小さい頃から …