今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「東京少女」

投稿日:

 100年の時を越えて繋がった携帯電話がもたらす切ない恋を綴ったファンタジック・ラブストーリー。SF作家を夢見る高校生の未歩は、地震をきっかけに携帯電話をなくしてしまう。取り戻すために自分の番号に掛けてみると、電話に出たのはなんと明治時代に生きる小説家志望の青年・時次郎だった。電話を通して様々なことを語り合う内に、2人の距離は縮まっていき……。「天然コケッコー」の夏帆がヒロインを爽やかに演じる。

映画.com

現代(2008年)の東京で暮らす女子高生「未歩」は、ある出版社にいる時に地震に遭遇して階段を降りている時に携帯電話を下に落としてしまう。地震はすぐに収まったが、落とした携帯が見つからない。その携帯は時空を超えて100年前の1908年(明治41年)の同じ出版社の階段に落ちてしまっていた。

 拾ったのは、夏目漱石の門下生で小説家志望の青年「時次郎」。現代からその携帯電話に電話をかけると、月が見えている時間だけ通話することができる。

 お互いの悩みを話すようになり、お互いの距離が縮まっていく。しかし、ある時「時次郎」の生死に関わる重大なことを知ってしまう。それを知らせようとするが・・・。

 まぁよくある話と言ってしまえばそれまでだが、それだけに脚本の良さと演技力が試される。ここでは主役である「夏帆」の演技が光っていた。脚本のテンポもよく飽きさせないし、途中の「手鏡」のプレゼントのシーンではキューンとしてしまった。

 時空を超えていく系の映画は星の数ほどあるが、その中でも比較的良作の映画だろうと思う。何より観ている間も楽しく、観終わった時の気持ちが爽やかだ。それに尽きる。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「フォルトゥナの瞳」

他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の「死」に立ち向かう姿を描いた百田尚樹の同名小説を、神木隆之介と有村架純の共演、「僕等がいた」「ぼくは明日、昨日のきみとデートす …

映画「ジュラシックワールド」

スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。前作「ジュラシック・パークIII」以来14年ぶりの新作で、スピルバーグは製作総指揮を担当。新鋭コリン・トレボロ …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

映画「グラウンドブレイク 都市壊滅」

 Amazonプライムで星が5つ付いていたので観てみた。  アルメニアという黒海とカスピ海の間にある国で、1988年に実際に起こった大地震のことを描いた作品。  石造りの家が多く、タイトルの通り都市壊 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲