今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

投稿日:

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチングズ)に癌で余命2~3ヵ月と宣告される。アンはドンと母(デボラ・ハリー)には貧血だと説明。そして夜更けのコーヒーショップで今までの人生を振り返りつつ、死ぬまでにしたいこと10項目のリストを作る。さっそくそれを実行していくアン。そんな時、コインランドリーで、コーヒーショップにいた男リー(マーク・ラファロ)が声をかけてくる。帰宅し洗濯物の袋を開けると本が一冊入っており、電話番号を書いた紙が挟まれていた。恋人と別れたばかりというリーの家を訪ねたアンは、彼と恋におちる。優しい夫のドンには、隣の家に越してきた自分と同じ名前のアン(レオノール・ワトリング)が、新しいパートナーになってくれるよう密かに願う。そして、10年も刑務所にいる父(アルフレッド・モリーナ)と面会。したいことを一通り実行したアンは、母やドンやリーに最後のメッセージをテープに録音して、亡くなるのだった。

映画.com

 あらすじも読まずに干渉をはじめたが、最初はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの「最高の人生の見つけ方」の若い女性版かと想像していた。

 しかし全然違った。

 23歳の女性は、いわゆる底辺の生活。そんな中で導き出した10のこと。治療はせずにいつもの生活をしていく中で、他の男と恋に落ちたり、愛する娘のためのこと、優しいけど役立たない夫のこと、刑務所の中の父に会うこと、いつも悲観的な母へのことなど。

 それらのことが、観ている間に考えれば考えるほど深くて深くて深みにハマる。どうしてそうなんだろう?なんでだろう?と。

 死を宣告されて、人生やっと目が覚めた感じがしたという。

 もう数回観ないとよく分からないかもしれない。ちょっと一筋縄ではいかない映画。期待したものと違っただけに、批判するのは簡単だけど、これはもしかするとすごい深い映画かもしれないぞと思わされる。

 邦題の「死ぬまでにしたい10のこと」というのが罠だ。

 原題は最後のエンドロールで分かったが、

 「My life without me」

 直訳すると、私なしの私の人生。

 自分が死んでいなくなった後に続く私の人生のためにやるべきこと。

 妻としてやるべきこと、母としてやるべきこと、娘としてやるべきこと、そして一人の女性としてやっておきたいことが挙げられていた。とても切実なこと。

 とてもリアリティのあることだった。

 ぜひこの映画はもう一度、じっくりと観たい映画。もう一度観て噛み締めないといけない映画かと思う。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「キセキ あの日のソビト」

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュ …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン1&2」

  天才ハッカーである高校生(三浦春馬)がハッキング能力をフルに駆使しながらサードアイという秘密治安機関と協力をして、無差別大量殺人を企てるテロ集団に立ち向かうハードボイルド作品。  もう三浦春馬の魅 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …