今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

投稿日:

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチングズ)に癌で余命2~3ヵ月と宣告される。アンはドンと母(デボラ・ハリー)には貧血だと説明。そして夜更けのコーヒーショップで今までの人生を振り返りつつ、死ぬまでにしたいこと10項目のリストを作る。さっそくそれを実行していくアン。そんな時、コインランドリーで、コーヒーショップにいた男リー(マーク・ラファロ)が声をかけてくる。帰宅し洗濯物の袋を開けると本が一冊入っており、電話番号を書いた紙が挟まれていた。恋人と別れたばかりというリーの家を訪ねたアンは、彼と恋におちる。優しい夫のドンには、隣の家に越してきた自分と同じ名前のアン(レオノール・ワトリング)が、新しいパートナーになってくれるよう密かに願う。そして、10年も刑務所にいる父(アルフレッド・モリーナ)と面会。したいことを一通り実行したアンは、母やドンやリーに最後のメッセージをテープに録音して、亡くなるのだった。

映画.com

 あらすじも読まずに干渉をはじめたが、最初はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの「最高の人生の見つけ方」の若い女性版かと想像していた。

 しかし全然違った。

 23歳の女性は、いわゆる底辺の生活。そんな中で導き出した10のこと。治療はせずにいつもの生活をしていく中で、他の男と恋に落ちたり、愛する娘のためのこと、優しいけど役立たない夫のこと、刑務所の中の父に会うこと、いつも悲観的な母へのことなど。

 それらのことが、観ている間に考えれば考えるほど深くて深くて深みにハマる。どうしてそうなんだろう?なんでだろう?と。

 死を宣告されて、人生やっと目が覚めた感じがしたという。

 もう数回観ないとよく分からないかもしれない。ちょっと一筋縄ではいかない映画。期待したものと違っただけに、批判するのは簡単だけど、これはもしかするとすごい深い映画かもしれないぞと思わされる。

 邦題の「死ぬまでにしたい10のこと」というのが罠だ。

 原題は最後のエンドロールで分かったが、

 「My life without me」

 直訳すると、私なしの私の人生。

 自分が死んでいなくなった後に続く私の人生のためにやるべきこと。

 妻としてやるべきこと、母としてやるべきこと、娘としてやるべきこと、そして一人の女性としてやっておきたいことが挙げられていた。とても切実なこと。

 とてもリアリティのあることだった。

 ぜひこの映画はもう一度、じっくりと観たい映画。もう一度観て噛み締めないといけない映画かと思う。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「響 -HIBIKI-」

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「 …

映画「ミックス」

以前から観たいみたいと思ってなかなか観られず、やっと観られた映画。  卓球の映画は窪塚洋介氏の「ピンポン」が大好きで何回もリピートして観た。これはなかなか傑作だった。  この「ミックス」は、なんと言っ …

ドラマ「プラチナタウン」

 「ノーサイド・ゲーム」に続いて、またまた大泉洋さん主演作品。ノーサイドゲームは、TBS系のドラマだったが、こちらはWOWOWのドラマW。  「エリート商社マンの鉄郎(大泉)が高齢化と多額の負債に悩む …

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女 …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …