今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「熟れた本能」

投稿日:

主演は「フォー・ウェディング」「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、監督は「彼女たちの時間」のカトリーヌ・コルシニ。スザンヌは医者の夫と2人の子供と南仏に暮らす専業主婦。何不自由ない暮らしを送るも、スザンナは退屈な日々に鬱屈し、育児のために諦めた運動療法士の仕事を再開することにする。カウンセリングルームの増築が始まると、スザンヌは工事を担当する男イバンと強く惹かれ合うようになる。フランス映画際2010にて「旅立ち(原題)」のタイトルで上映。

映画.com

 1時間20分という短い映画だったので観てみた。

 原題は「旅立ち」という意味だが、邦題は「熟れた本能」という艶かしいタイトルになっている。

 医師の奥さんが主人公で、経済的にも恵まれていて、二人の子供も大学生と高校生の息子と娘という感じ。以前には理学療法士の仕事を目指したが育児で諦めていたが、子育てもひと段落したので夫に資金を出してもらって勉強し直して開業できたらいいなって考えていた。

 その改築の手伝いに来た職人の中年男性に何故か恋をしてしまうのだ。

 「なんでこの人?」って思うのだが、2枚目で知的で金持ちの夫とは対極にいるような人物。

 一度火がついたら止まらない。積極的に自分からアプローチをかけて、二人は結ばれてしまう。そして、妻は家族を捨てて家を出て不倫相手と暮らすという。自分で不倫しておいて、慰謝料をもらえると思っているし、使っていたカードが使えなくなったらキレまくるし、家の金目のものを勝手に持ち出しては換金しようとするわのやりたい放題。

 最初は知的で落ち着いた感じの女性に見えたが、徐々にただのメスになっていく様子に唖然とする。

 夫の態度も最初から妻には素っ気なく、あまり愛情を感じなかった。日本では当たり前に見えることだが、ここはイタリア?だから、もっともっと常に愛を口にしなければいけなかったのか?と思ったりもする。

 妻に同情する人もいるだろうし、ただの不倫女と罵る人もいるだろう。私はどちらかというと夫に同情する。いくらなんでも酷すぎる。

 タイトルは「旅立ち」よりも「熟れた本能」の方がしっくりくると思った。

 性的なシーンは思ったほどでもなくて、そちらを期待する人は期待外れかも。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「しゃぼん玉」

乃南アサの同名小説の映画化。林遣都と市原悦子。  犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通 …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第9作の映画化。同シリーズが原作で2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、11年の単発ドラマ「赤い指」に続き、阿部寛が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

 「いい映画だったよ、観る?」  と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。  それだけに油断していた。  2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい …