今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「熟れた本能」

投稿日:

主演は「フォー・ウェディング」「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、監督は「彼女たちの時間」のカトリーヌ・コルシニ。スザンヌは医者の夫と2人の子供と南仏に暮らす専業主婦。何不自由ない暮らしを送るも、スザンナは退屈な日々に鬱屈し、育児のために諦めた運動療法士の仕事を再開することにする。カウンセリングルームの増築が始まると、スザンヌは工事を担当する男イバンと強く惹かれ合うようになる。フランス映画際2010にて「旅立ち(原題)」のタイトルで上映。

映画.com

 1時間20分という短い映画だったので観てみた。

 原題は「旅立ち」という意味だが、邦題は「熟れた本能」という艶かしいタイトルになっている。

 医師の奥さんが主人公で、経済的にも恵まれていて、二人の子供も大学生と高校生の息子と娘という感じ。以前には理学療法士の仕事を目指したが育児で諦めていたが、子育てもひと段落したので夫に資金を出してもらって勉強し直して開業できたらいいなって考えていた。

 その改築の手伝いに来た職人の中年男性に何故か恋をしてしまうのだ。

 「なんでこの人?」って思うのだが、2枚目で知的で金持ちの夫とは対極にいるような人物。

 一度火がついたら止まらない。積極的に自分からアプローチをかけて、二人は結ばれてしまう。そして、妻は家族を捨てて家を出て不倫相手と暮らすという。自分で不倫しておいて、慰謝料をもらえると思っているし、使っていたカードが使えなくなったらキレまくるし、家の金目のものを勝手に持ち出しては換金しようとするわのやりたい放題。

 最初は知的で落ち着いた感じの女性に見えたが、徐々にただのメスになっていく様子に唖然とする。

 夫の態度も最初から妻には素っ気なく、あまり愛情を感じなかった。日本では当たり前に見えることだが、ここはイタリア?だから、もっともっと常に愛を口にしなければいけなかったのか?と思ったりもする。

 妻に同情する人もいるだろうし、ただの不倫女と罵る人もいるだろう。私はどちらかというと夫に同情する。いくらなんでも酷すぎる。

 タイトルは「旅立ち」よりも「熟れた本能」の方がしっくりくると思った。

 性的なシーンは思ったほどでもなくて、そちらを期待する人は期待外れかも。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マネーモンスター」

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財 …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

映画「ポエトリーエンジェル」

リングの上で自作の詩を朗読し、どちらの言葉が聞き手の心に届くかを判定して勝敗を決める「詩のボクシング」を通し、成長していく人々の姿を描いた青春エンタテインメント。「合葬」「ディストラクション・ベイビー …

アニメ「HELLO WORLD ハローワールド」

人気アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズの伊藤智彦監督が、近未来の京都を舞台に描いたオリジナルのSF青春ラブストーリー。2027年、京都。内気な男子高校生・直実の前に、10年後の自分だという人物 …