今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「熟れた本能」

投稿日:

主演は「フォー・ウェディング」「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、監督は「彼女たちの時間」のカトリーヌ・コルシニ。スザンヌは医者の夫と2人の子供と南仏に暮らす専業主婦。何不自由ない暮らしを送るも、スザンナは退屈な日々に鬱屈し、育児のために諦めた運動療法士の仕事を再開することにする。カウンセリングルームの増築が始まると、スザンヌは工事を担当する男イバンと強く惹かれ合うようになる。フランス映画際2010にて「旅立ち(原題)」のタイトルで上映。

映画.com

 1時間20分という短い映画だったので観てみた。

 原題は「旅立ち」という意味だが、邦題は「熟れた本能」という艶かしいタイトルになっている。

 医師の奥さんが主人公で、経済的にも恵まれていて、二人の子供も大学生と高校生の息子と娘という感じ。以前には理学療法士の仕事を目指したが育児で諦めていたが、子育てもひと段落したので夫に資金を出してもらって勉強し直して開業できたらいいなって考えていた。

 その改築の手伝いに来た職人の中年男性に何故か恋をしてしまうのだ。

 「なんでこの人?」って思うのだが、2枚目で知的で金持ちの夫とは対極にいるような人物。

 一度火がついたら止まらない。積極的に自分からアプローチをかけて、二人は結ばれてしまう。そして、妻は家族を捨てて家を出て不倫相手と暮らすという。自分で不倫しておいて、慰謝料をもらえると思っているし、使っていたカードが使えなくなったらキレまくるし、家の金目のものを勝手に持ち出しては換金しようとするわのやりたい放題。

 最初は知的で落ち着いた感じの女性に見えたが、徐々にただのメスになっていく様子に唖然とする。

 夫の態度も最初から妻には素っ気なく、あまり愛情を感じなかった。日本では当たり前に見えることだが、ここはイタリア?だから、もっともっと常に愛を口にしなければいけなかったのか?と思ったりもする。

 妻に同情する人もいるだろうし、ただの不倫女と罵る人もいるだろう。私はどちらかというと夫に同情する。いくらなんでも酷すぎる。

 タイトルは「旅立ち」よりも「熟れた本能」の方がしっくりくると思った。

 性的なシーンは思ったほどでもなくて、そちらを期待する人は期待外れかも。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「青の炎」

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当 …

アニメ「HELLO WORLD ハローワールド」

人気アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズの伊藤智彦監督が、近未来の京都を舞台に描いたオリジナルのSF青春ラブストーリー。2027年、京都。内気な男子高校生・直実の前に、10年後の自分だという人物 …

映画「溺れるナイフ」

映画化された「ピース オブ ケイク」でも知られる漫画家・ジョージ朝倉の同名少女コミックを実写映画化した青春ラブストーリー。東京で雑誌モデルをしていた少女・夏芽は、父親の故郷である田舎町・浮雲町に引っ越 …

映画「ポエトリーエンジェル」

リングの上で自作の詩を朗読し、どちらの言葉が聞き手の心に届くかを判定して勝敗を決める「詩のボクシング」を通し、成長していく人々の姿を描いた青春エンタテインメント。「合葬」「ディストラクション・ベイビー …

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …