今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「父親たちの星条旗」

投稿日:

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側の視点による作品。硫黄島の擂鉢山に星条旗を打ち立てた6人の兵士の写真の真実と、戦場から生き残り米本土に帰還した3人のその後の人生を描く。

映画.com

 「硫黄島からのて手紙」との2部作。前者が日本側からの視点。そしてこの映画がアメリカ側の視点になる。

 映画のポスターにもなった上の写真が、この映画の重要なポイント。

 硫黄島の激戦において、最大の拠点である摺鉢山の山頂に、星条旗を打ち立てられた瞬間の一枚の写真。これが本国アメリカでとても勇気づけられる写真となる。写真に写っている6人の兵士は誰なのか?それを戦地から引き上げさせて英雄にまつりあげて、困窮する国費を賄うための国債を国民に買ってもらおうと一大キャンペーンを打つ。

 しかし、実際のこの写真は本来の国旗とは違う代わりのものであって、最初に摺鉢山に国旗を打ち立てて兵士は違う兵士であった。その国旗を立てた瞬間に日本兵に狙われて死んでしまった兵士もいたのだ。そのことを知っていた兵士は、自ら英雄になることを拒んだ。しかし、仕方なしに誤解が誤解を生み、真実はどうでもいいことになり、国債を売りまくるための作り上げたヒーローになり切るしかなかった。

 英雄なんていない。皆、父のような普通の人だけだ。父が英雄と呼ばれるのを嫌がった気持ちがわかる。

 図らずも英雄を演じた父親、その息子がのちにそう語る。

「英雄とは人間が必要に駆られて作るものだ。
そうでもしないと命を犠牲にする行為は、理解し難いからだ。
国のための戦いでも、死ぬのは友のため
共に戦った男たちのためだ
彼らの栄誉を讃えたいなら
ありのままの姿を心にとどめよう。
父がそうしたように。」

 とても心に響く映画だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イミテーション・ゲーム」

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者アラン …

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …

映画「キセキ あの日のソビト」

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュ …

映画「ボクの妻と結婚してください。」

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治 …

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …