今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「犬部」 @アレックスシネマ

投稿日:

 まずはこの映画館の映画愛がすごい。

 こんなに映画って素晴らしいからみんな観てみてよ!って気持ちが溢れ出ている。

 だから、座席はお隣の映画館の方が座り心地がいいのだけど、

 ついついこちらの映画館に来てしまう。

 映画館全体から発せられるウエルカムオーラがなんとも心地よいのだ。

 手作り感満載の各映画の紹介、様々なネタを含めた書き込みについつい読み耽ってしまう。

 

さて、映画「犬部」の方はと言えば、

獣医の大学生と保護犬のお話。

 捨てられたり、飼い続けられなくなった犬が最終的に殺処分されてしまう現状をどうにか打開しようと奮戦する獣医と動物愛護センター員。

 私も犬を飼っていたこともあって、様々なシーンで共感して涙してしまう。

 動物の演技も素晴らしく、どうやって撮影したのだろう?思うばかりだ。

 動物ものの映画はどれも泣かされてばかりだが、この映画もハートウォーミングで優しい気持ちになれる映画。

 犬を飼っている人はもちろん、飼っていた人、これから飼いたいと思っている人、すべてに観てもらいたいと思う映画になっている。

 監督は、「はつ恋」「天国の本屋 恋火」「地下鉄(メトロ)に乗って」「真夏のオリオン」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督。

 おすすめの映画。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」

立て続けに青春ラブコメ。コメディーじゃなくて病気系。 恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う …

映画「ファーストラヴ」

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑 …

映画「ホテル・ムンバイ」

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で …

映画「東京公園」

青山真治監督の「サッド ヴァケイション」以来4年ぶりとなる新作。「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の小説が原作で、主演の三浦春馬はカメラマン志望の大学生・光司を演じる。公園で家族写真を撮り続け …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …