今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「生きる街」

投稿日:

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。

 海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦めた。娘はトラックの運転手と結婚して名古屋へ引っ越したが、自分だけ幸せになるのが怖くて以前のように笑えなくなっている。主人公である女性は、地元の高台にあるお金持ちの別荘を借りて民泊を始めて、海外からの客を受け入れて頑張って生きている。

 子供たちはまだまだ震災の心の傷が言えずにいて、立ち直れていない。

 そこに韓国から一人の青年が亡き父への手紙を持って訪れる。それをきっかけにして再び生きる希望を見つけて再出発していく。

 夏木マリさん、佐津川愛美さん、堀井新太さん、みんな演技は素晴らしいと思ったのだが、なんだろうこの物足りなさは。

 最後はしっかり泣かせてくれたのだが、あともうひと工夫でもっといい映画になる気がしてならない。何が悪いのかもよくわからないけど。

 泣けたけど、もう一つ。

 これは自分が東日本大震災を体験していないからなのかもしれない。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「太平洋ひとりぼっち」

 原作である堀江謙一氏の「太平洋ひとりぼっち」を文庫本で読んだのは高校時代だっただろうか。まだこれから自分は何をするべきなのか何も決まっていない時にとてもワクワクする内容だったのを覚えている。  その …

映画「ゼロ・グラビティ」

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ …

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになる。念願かなって5年越しに再会すると、憧れの医師・天堂浬は思い描いていた人とは全くの別人 …

映画「真夏の方程式」

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの …