今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「生きる街」

投稿日:

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。

 海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦めた。娘はトラックの運転手と結婚して名古屋へ引っ越したが、自分だけ幸せになるのが怖くて以前のように笑えなくなっている。主人公である女性は、地元の高台にあるお金持ちの別荘を借りて民泊を始めて、海外からの客を受け入れて頑張って生きている。

 子供たちはまだまだ震災の心の傷が言えずにいて、立ち直れていない。

 そこに韓国から一人の青年が亡き父への手紙を持って訪れる。それをきっかけにして再び生きる希望を見つけて再出発していく。

 夏木マリさん、佐津川愛美さん、堀井新太さん、みんな演技は素晴らしいと思ったのだが、なんだろうこの物足りなさは。

 最後はしっかり泣かせてくれたのだが、あともうひと工夫でもっといい映画になる気がしてならない。何が悪いのかもよくわからないけど。

 泣けたけど、もう一つ。

 これは自分が東日本大震災を体験していないからなのかもしれない。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、 …

映画「ビューティフル・マインド」

 天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳 …

映画「一週間フレンズ」

Amazonプライムで観ようと思って「すぐ観る」をクリックしようとしたら、 「もう一度観る」って書いてあって驚いた。  見始めても「これみたっけかなぁ?」「うん、観たような気がするけど、この先どうなる …

映画「好きだ、」

「ソラニン」に続いての宮崎あおいの作品。  もう宮崎あおいちゃん大好き。  高校時代のカップルを宮崎あおいと瑛太が演じていて、その17年後に再開した時は、永作博美と西島秀俊が演じる。  高校時代に河原 …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …