今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「生きる街」

投稿日:

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。

 海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦めた。娘はトラックの運転手と結婚して名古屋へ引っ越したが、自分だけ幸せになるのが怖くて以前のように笑えなくなっている。主人公である女性は、地元の高台にあるお金持ちの別荘を借りて民泊を始めて、海外からの客を受け入れて頑張って生きている。

 子供たちはまだまだ震災の心の傷が言えずにいて、立ち直れていない。

 そこに韓国から一人の青年が亡き父への手紙を持って訪れる。それをきっかけにして再び生きる希望を見つけて再出発していく。

 夏木マリさん、佐津川愛美さん、堀井新太さん、みんな演技は素晴らしいと思ったのだが、なんだろうこの物足りなさは。

 最後はしっかり泣かせてくれたのだが、あともうひと工夫でもっといい映画になる気がしてならない。何が悪いのかもよくわからないけど。

 泣けたけど、もう一つ。

 これは自分が東日本大震災を体験していないからなのかもしれない。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …

ドラマ「しんがり 山一証券 最後の聖戦」

WOWOWのドラマは好きでよく見ている。どれもハズレのない良質な作品が多い。  このドラマも期待以上の作品だった。 江口洋介主演 文句なしにかっこいい。  そして、今回特に目を引いたのが、いつも嫌な性 …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「RISE UP」

ライズアップは、「立ち上がる」という意味だろうか。   石川県「獅子吼高原(ししくこうげん)」でパラグライダーに励む高校生「航(わたる)」=林遣都くんは、今日も悪友のひろやと一緒だ。  ある時ふたりは …