今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「百瀬、こっちを向いて。」

投稿日:

 設定がややこしいのでWikiから引用。

主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る。自分たちにとって高嶺の花だった神林が、同じ3年のバスケット部の男と付き合っているらしいという話を聞いたノボルはその相手がかつてより慕う宮崎先輩であると知り納得する。しかし1か月前に宮崎が別の少女と一緒にいたことを思い出したノボルは不思議に思う。ある日、ノボルは宮崎に呼び出された図書室で、宮崎のもう一人の交際相手であるその少女・百瀬陽に引き合わされる。宮崎先輩は神林から浮気の疑いをかけられており、それを晴らすためにノボルに百瀬と付き合う振りをしてほしいと頼まれ、ノボルは承知する。唯一の友達である田辺にも真相は明かさず、学校にいる間はもちろん神林の前でも精一杯恋人同士の演技をする。一方で、百瀬は相変わらず宮崎との交際を続けているらしい。

 いかにもモテそうにないノボルが、イケメンの先輩にいいように使われる映画だが、その中でそれぞれの葛藤があり、それを上手に表現していて思いの外面白い映画だった。上映時間も1時間48分と手ごろ。

 主演は早見あかりちゃんと言う元ももクロと言うことだが、私には朝ドラのマッサンの妹。そのさえないノボル君がいい味を出していた竹内太郎さん。略歴を見たら、わたしが高校時代によく読んでいた経済小説家の「清水一行」氏のお孫さんだったのでびっくり。

 イケメンの先輩に工藤阿須加くん、その彼女に石橋杏奈ちゃん。どちらも好きな役者さん。石橋杏奈ちゃんが大きくなると中村優子さんでこちらもいい味出していて、竹内太郎君が大きくなると向井理さん。キャスティングはいい感じ。

 ラブコメじゃなくて、青春の1ページが上手に描れている佳作であった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「世界から猫が消えたなら」

映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿 …

ドラマ「ハッピー・リタイアメント」

 原作は、あの浅田次郎氏。  ドタバタな楽しいドラマ。  2時間枠だが、映画とは明らかに違う雰囲気。  とにかくノリが軽くて気軽に見られて、飽きずに楽しい。 財務省。 イヤなキャリア公務員の上司(八嶋 …

映画「プール」

日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にあるゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。しかし彼らと数日を …

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」で人気の漫画家・咲坂伊緒による人気青春恋愛コミックを浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二のキャストで実写映画化。恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見 …