今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「神様のカルテ」

投稿日:

 現役医師の作家・夏川草介によるベストセラーで、2010年本屋大賞第2位にも選出された同名小説を映画化。主演は、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔と宮崎あおい。「60歳のラブレター」「白夜行」の俊英・深川栄洋がメガホンをとる。夏目漱石を愛読し、信州の地方病院に内科医として勤務する栗原一止が、写真家の愛妻・榛名や同僚医師、看護師、患者、アパートの個性的な住人らに支えられ、医師として成長していく姿を温かなまなざしで描く。

映画.com

先日「神様のカルテ2」を視聴して、「1」を観たのが10年前だったのかと思ったのだが、その内容をほとんど忘れてしまっていた。それじゃもう一度観てみようと思って見始めたが、やはりほとんど忘れていて新鮮な気持ちで観ることが出来た。

 全部忘れてしまっていたわけではないが、観ていて「先が読める」というほど覚えている事はなく、「あ〜、そうだったな」って思い出す程度で、最後はしっかり泣けた。

 みんな迷って悩んで苦しんで生きて行く。ベテランの先輩医師に「クリちゃん(主人公)、医療は頭で考えちゃダメだよ!」と言われつつも、いつも悩み苦しみ、時々泣き崩れている主人公。その周りを取り巻く人たちも同じで真面目な人ほど悩んで苦しむ。真面目に見えない人だって悩んで苦しむ。

 そんな葛藤を繰り返しながらも、日々成長して行く。成長していくというのは、「慣れる」という事なのか。悲しみも何度も経験してしまうと慣れてしまうものなのだろうか?幸せも同様で、幸せに慣れてしまうと喜びや感動も薄れてしまうのだろうか。

 小さな幸せにも喜べるようにしておくためには、どうしておけばいいのだろうか?特にそのようなことも考えずに、日々を生きて、今日もちゃんと陽が昇ることと、無事に陽が沈むことに感謝しつつ生きられたらと思うこの頃である。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「フューリー」

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー …

ドラマ「あなたのことはそれほど」

 上段の二人、下段の二人がそれぞれ夫婦で  左側二人が不倫しているという設定。  料理も作ってくれるし、いつもやさしい夫(東出くん)と結婚した美都(波瑠さん)。  美都は、中学時代から好きで好きで仕方 …

映画「好きっていいなよ。」

友人も恋人も作らずに生きてきた16歳の女子高生・橘めいは、ある日、学校一のイケメン・黒沢大和に過ってケガをさせてしまう。しかし、大和はめいを気に入り一方的に友だち宣言した上、ピンチから救うためにキスを …

ドラマ「カルテット」

 あらすじ  ある日、“偶然”出会った男女4人。夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ること …

映画「幸せなひとりぼっち」

 孤独な老人が隣人一家との触れあいを通して再生していく姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなったフレドリック・バックマンの同名小説を映画化し、スウェーデンで大ヒットを記録し …