今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「私をくいとめて」

投稿日:

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役「A」が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。みつ子の親友・皐月役で橋本愛が出演し、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となるのんとの共演が実現。

映画.com

綿矢りさ氏の同名小説の実写映画化。前作の「勝手にふるえてろ」に続く作品。

 NHK朝ドラ「あまちゃん」で一世風靡した能年玲奈さんこと「のん」さんの魅力全力満載の映画。のんさんは事務所とのことで色々あったようで、あれだけブレイクして、才能満載で引くて数多と思いきや「干されてる?なにがあったの?」と思うほどの状態だったので心配していた。

 この作品は、それらを吹っ飛ばすような、弾けるほどののんさんの才能爆発の映画になっている。ほぼほぼ一人芝居のような作品だが、もう目が離せない。アップにしても引きでもずっと観ていられる。不思議な魅力を持っている女優さんだ。

 31歳独身女性の心の内を曝け出すようなこの作品。綿矢りさ氏の真骨頂であるが、それをスタッフ一同で支えつつ、のんさんに託してひとつの作品に仕上げている。

 実際のその年代の女性がどうなのかはわからないが、心のうつろいがなんともコミカルで面白くもあり、切なくもあり、共感できるところもあり、リアルに感じられる。

 林遣都くんも相変わらずの見事の演技で、うまくのんさんの魅力を引き出している。みんなみんなでいかにのんさんの魅力を引き出そうかと、そしてこの作品の素晴らしさを表現しようかとその試行錯誤が十分伝わってくる映画になっていた。

 これを観終わったら、こちらもおすすめと表示された「勝手にふるえてろ」をぜひ観てみたいと思った。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「朝が来る」DVD

直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督のメガホンで映画化。栗原清和と佐都子の夫婦は一度は子どもを持つことを諦 …

映画「運び屋」

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた …

映画「フューリー」

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー …

映画「長いお別れ」

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うこと …

映画「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦 …