今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「私をくいとめて」

投稿日:

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役「A」が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。みつ子の親友・皐月役で橋本愛が出演し、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となるのんとの共演が実現。

映画.com

綿矢りさ氏の同名小説の実写映画化。前作の「勝手にふるえてろ」に続く作品。

 NHK朝ドラ「あまちゃん」で一世風靡した能年玲奈さんこと「のん」さんの魅力全力満載の映画。のんさんは事務所とのことで色々あったようで、あれだけブレイクして、才能満載で引くて数多と思いきや「干されてる?なにがあったの?」と思うほどの状態だったので心配していた。

 この作品は、それらを吹っ飛ばすような、弾けるほどののんさんの才能爆発の映画になっている。ほぼほぼ一人芝居のような作品だが、もう目が離せない。アップにしても引きでもずっと観ていられる。不思議な魅力を持っている女優さんだ。

 31歳独身女性の心の内を曝け出すようなこの作品。綿矢りさ氏の真骨頂であるが、それをスタッフ一同で支えつつ、のんさんに託してひとつの作品に仕上げている。

 実際のその年代の女性がどうなのかはわからないが、心のうつろいがなんともコミカルで面白くもあり、切なくもあり、共感できるところもあり、リアルに感じられる。

 林遣都くんも相変わらずの見事の演技で、うまくのんさんの魅力を引き出している。みんなみんなでいかにのんさんの魅力を引き出そうかと、そしてこの作品の素晴らしさを表現しようかとその試行錯誤が十分伝わってくる映画になっていた。

 これを観終わったら、こちらもおすすめと表示された「勝手にふるえてろ」をぜひ観てみたいと思った。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ショーシャンクの空に(字幕版)」

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監さ …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …

映画「僕等がいた」

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる …