今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「空母いぶき」

投稿日:

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。

 映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。

 正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数回読んだほどだ。

 しかし、映画では「どうしてこうなっちゃうの?」と言う、一番伝えたいところがすり替わってしまったような印象を受けた。

 漫画では中国による尖閣諸島への先制侵攻から始まるのだが、映画では中国ではない架空の「東亜連邦」と言うよく分からない国になってしまっている。これだけでまったくリアリティがなくなってしまった。

 原作がとても素晴らしく、映画の出演者も好きな俳優さんばかりだっただけに残念。

 



-映画
-

執筆者:


  1. Aki より:

    原作は読んでないけど同感、どこかボケてますねぇ

    • KURI より:

      Akiさん、原作での敵が味方になっちゃったんだから、そりゃもう「なんだよそれ」ってなもんです。でも本田翼は可愛いです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「新解釈・三國志」

「今日から俺は!!」「勇者ヨシヒコ」「銀魂」シリーズなど数々のコメディ作品を手がける福田雄一監督が、日本でも広く親しまれている中国の「三國志」に独自の解釈を加え、今回が初タッグとなる大泉洋を主演に迎え …

映画「いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜」

 没後38年が過ぎたいまも多くの日本人に親しまれている絵本作家・いわさきちひろ(1918~74)の知られざる人生に迫ったドキュメンタリー。夢をあきらめて親が望む結婚をしたちひろだったが、不幸なかたちで …

映画「フォルトゥナの瞳」

他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の「死」に立ち向かう姿を描いた百田尚樹の同名小説を、神木隆之介と有村架純の共演、「僕等がいた」「ぼくは明日、昨日のきみとデートす …

映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発」

 第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』主演中井貴一、第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』主演三浦友和に続く「RAILWAYS」シリーズ第3弾。  第3弾の …