今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「空母いぶき」

投稿日:

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。

 映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。

 正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数回読んだほどだ。

 しかし、映画では「どうしてこうなっちゃうの?」と言う、一番伝えたいところがすり替わってしまったような印象を受けた。

 漫画では中国による尖閣諸島への先制侵攻から始まるのだが、映画では中国ではない架空の「東亜連邦」と言うよく分からない国になってしまっている。これだけでまったくリアリティがなくなってしまった。

 原作がとても素晴らしく、映画の出演者も好きな俳優さんばかりだっただけに残念。

 



-映画
-

執筆者:


  1. Aki より:

    原作は読んでないけど同感、どこかボケてますねぇ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ういらぶ。」

累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリー。同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。 …

映画「めぐり逢えたら」

1993年公開。 トムハンクスとメグライアンの恋愛映画。  2年前に愛する妻を亡くし次への一歩が踏み出せないままのサム(トムハンクス)は、まだ小さい息子ジョナと暮らしていた。再婚願望はあるがなかなかう …

映画「ホテルローヤル」

直木賞作家・桜木紫乃の書いた「ホテルローヤル」という短編集の映画化。 桜木紫乃の映画化は2作目で、前作は佐藤浩市と本田翼出演の「起終点駅 ターミナル」。    今回の「ホテルローヤル」は自伝的な小説で …

映画「死ぬまでにしたい10のこと」

清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のドン(スコット・スピードマン)と、二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。しかしある日、突然の腹痛に倒れ、トンプソン医師(ジュリアン・リチング …

映画「ハンターキラー 潜航せよ」

2018年の作品。ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスが2012年に発表した同名小説の映画化。  潜水艦映画は大好き。この映画も期待通り、期待以上の映画でハラハラドキドキで爽快・痛快の …