今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「空母いぶき」

投稿日:

 先に13巻の原作漫画を読んでから、期待して映画を観た。

 映画館で1回目の鑑賞。Amazonプライムで2回目の鑑賞。

 正直、原作はかなり面白くてのめり込んで読んでしまった。珍しく全13巻購入して数回読んだほどだ。

 しかし、映画では「どうしてこうなっちゃうの?」と言う、一番伝えたいところがすり替わってしまったような印象を受けた。

 漫画では中国による尖閣諸島への先制侵攻から始まるのだが、映画では中国ではない架空の「東亜連邦」と言うよく分からない国になってしまっている。これだけでまったくリアリティがなくなってしまった。

 原作がとても素晴らしく、映画の出演者も好きな俳優さんばかりだっただけに残念。

 



-映画
-

執筆者:


  1. Aki より:

    原作は読んでないけど同感、どこかボケてますねぇ

    • KURI より:

      Akiさん、原作での敵が味方になっちゃったんだから、そりゃもう「なんだよそれ」ってなもんです。でも本田翼は可愛いです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

 「いい映画だったよ、観る?」  と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。  それだけに油断していた。  2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい …

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「メランコリック」

深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を、サプライズ満載の変幻自在なストーリー展開で描いたサスペンスコメディ。名門大学を卒業後、アルバイトを転々と …

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南 …

映画「野火」

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追 …